脂肪肝とは?原因は食事!初期症状がほとんどないため肝臓数値で確認!

脂肪肝になる人は、増加傾向にあり、日本では、成人男性の3人に1人、女性は5人に1人が脂肪肝になっていると言われています。

肝臓は、人間が生きていくために、なくてはならない重要な役割を担っている臓器です。

肝臓の異常は、重大な病気を引き起こす原因にもなります。

では、そもそも脂肪肝とはどのような状態を言うのか?

肝臓の働きと合わせて紹介します。



Sponsored Links









脂肪肝とは?

肝臓の重さは約1~1.5㎏もあり、人間の体で最も大きな臓器で、3千億もの細胞からできています。

肝臓の位置は、腹部の右上で胃の隣にあります。

肝臓の働きは、腸で吸収された栄養素を体内で利用しやすいエネルギーの形に変えて、全身の細胞に送ることです。

また、余ったエネルギー源は、脂肪の作り変えて肝臓に蓄えておきます。

さらには、アルコールなど体にとって有害なものを分解する働きもあります。

これらの作用は、生命を維持するためにとても重要な役割です。

肝臓は、強い修復能力があり、健康な肝臓の一部を切除しても、3カ月~半年ほどで元に戻ると言われています。

脂肪肝とは、肝臓の細胞の中に過剰に脂肪が溜まった状態のことを言います。

肝臓の中にどんどん脂肪が増加すると、脂肪に圧迫された細胞が壊れてしまいます。

さらに症状が進行して、肝臓に脂肪が溜まり続けて細胞の修復が追い付かなくなると肝機能が低下してしまうのです。



脂肪肝とは-原因-食事-初期-症状-肝臓-数値-画像

脂肪肝の原因

脂肪肝が発症する原因は、様々なことが考えられますが、最も多い原因はアルコールの過剰摂取です。

肝臓に運ばれたアルコールは、最終的には、炭酸ガスと水に分解されますが、アルコールを分解すると同時に中性脂肪をたくさん作ってしまいます。

アルコールを過剰摂取すると、肝臓が早く分解処理しようとして、脂肪の処理が後回しになってしまうことで、さらに中性脂肪が肝臓内に蓄積されます。

よくカロリーが低いことを売りにしているアルコールがありますが、たとえ低カロリーでもアルコールを摂取すること自体が、肝臓に脂肪を蓄積させてことを招いてしまうのです。

過剰なアルコール摂取が原因で脂肪肝になると、肝臓に炎症が起きたり、肝臓の細胞が線維化して非常に硬い肝臓になっていきます。

このような症状が進行すると、肝硬変や肝臓がんを引き起こす原因になるので注意が必要です。

 
血液中の中性脂肪値や悪玉コレステロール値が気になる方には、こちらをお勧めします。
血中中性脂肪、1日1本続けて約20%低下!?ニッスイのトクホ、イマークS


脂肪肝の原因はアルコールだけじゃない!

脂肪肝の原因として真っ先に挙げられるのが、アルコールの過剰摂取ですが、それだけが原因で脂肪肝になるわけではありません。

近年、問題視されているのが、アルコール摂取をしない人に脂肪肝が増えている点です。

日本では約3千万人ほどの人が、アルコールの過剰摂取とは別の原因で脂肪肝になっていて、その患者数は、増加傾向にあります。

アルコール摂取以外の原因は、食生活の欧米化などによるカロリーオーバーの食事や、不規則な生活習慣や運動不足などが考えられています。

脂っこい食べ物を食べ過ぎていたり、深夜に食事をする生活をしていたり、運動不足の状態が続いていたりすることは、脂肪肝を招く可能性があります。



Sponsored Links


脂肪肝の自覚症状はほとんどない!?

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、肝機能がかなり低下するまで、症状があらわれることはほとんどありません。

初期症状に気付くことは非常に難しいと言えます。

痛みを伴う症状がほとんどないため、病気に気付かないことも少なくありません。

また、健康診断などで数値を指摘されても、あまり深刻に受け止めずに、そのまま放置してしまう場合も多い。

脂質や糖質の多いものを食べ過ぎたり、運動不足が続いたりした場合は、使い切ることができずに余ったエネルギーが、脂肪として肝臓に蓄積されていきます。

このようにできてしまった脂肪肝を放置すると、過剰なアルコール摂取が原因の場合と同じように肝臓に炎症が起こり、肝硬変や肝臓がんに進行するケースがあります。

自覚症状があらわれた時には、病気がかなり悪化している場合が多い。

そのような時にみられる症状は次のような内容です。

●疲れやすい
●腹痛
●かゆみ
●吐き気
●胸焼け



脂肪肝とは-原因-食事-初期-症状-肝臓-数値-肥満画像

脂肪肝の検査

初期症状がほとんどない脂肪肝を発見するためには、血液検査が重要になります。

検査項目にあるAST(GOT)とALT(GPT)は、肝臓の細胞の中にある酵素で、肝臓内の細胞が壊れると血液中に溢れ出し、これらの数値が高くなるのです。

または、γ-GTPは、肝臓の解毒作用にかかわる酵素でアルコールの過剰摂取で数値が高くなります。

 

基準値

AST(GOT)・・・30 IU/L以下

ALT(GPT)・・・30 IU/L以下

γ-GTP・・・50 IU/L以下

 
そして腹部超音波検査では、体の外側から超音波をあてて、肝臓の健康状態を確認することができます。

暴飲暴食や運動不足が続くと、脂肪肝の原因になります。

日々の健康維持のためには定期的な検査を受けて、異常が見つかった場合は、医療機関で適切な治療を受けるようにしましょう。

 
肝臓の働きをサポートするサプリメントはこちらです。
肝パワー

脂肪肝とは?原因は食事!初期症状がほとんどないため肝臓数値で確認!



Sponsored Links









おすすめの記事

肝臓数値AST・ALTが高い原因は?血液検査の基準値や肝機能との関連などを紹介!

太らない体質の特徴はホルモンバランス!?痩せるホルモン「GLP-1」を増やす食材とは?

食べてないのに太る原因は?(病気・生理前・ストレス・夏・冬)そんなに食べてないのに太る理由は遺伝子!?

アミラーゼが高い・低い原因は?(食事・ストレス・血液検査・尿・基準値)アミラーゼ検査値の異常で疑うべき病気とは?

大腸がんの症状は?初期から末期(ステージ4)までの症状を紹介!



Sponsored Links





関連する記事