変形性膝関節症の症状と原因は?靴底の外側がすり減っている人は要注意!?進行を抑えるためには早期受診が大切!

膝痛が起こる病気で最も多いのが「変形性膝関節症」です。

日本人の約3千万人が膝に何らかの異常があると言われていますが、膝の痛みなどの自覚症状があっても、医療機関で適切な治療を受けていないという人は少なくありません。



Sponsored Links









変形性膝関節症とは

膝は太ももと脛の骨を繋ぐ関節で、硬い骨同士が直接ぶつからないように、関節軟骨や半月板と呼ばれる軟骨がクッションの役割としています。

しかし、何らかの原因で軟骨がすり減ってくると、膝に炎症が起きて痛むようになります。

このような状態が変形性膝関節症です。

症状が進行すると膝に水が溜まって腫れ上がったり、硬い骨同士が直接ぶつかるようになったりして、さらに激しい痛みを伴うようになり、生活に支障をきたす場合もあります。

では、なぜ膝関節の軟骨がすり減ってしまうのか?



変形性膝関節症-症状-原因-靴-外側-進行-膝痛画像

変形性膝関節症の原因

日常生活で、歩いたり、立ったり、しゃがんだりと、膝には常に大きな負担がかかっています。

長い年月をかけて膝に負担がかかり続けると、膝の軟骨が徐々に耐久性を失って、クッションとしての役割を果たせなくなってきます。

変形性膝関節症の多くは、加齢や肥満が原因で発症すると考えられています。

変形性膝関節症は、膝関節の軟骨が年齢とともに弾力性を失うことが原因のひとつですが、決して高齢者だけの病気というわけではありません。

この病気は、体型や不健康な生活習慣が原因となる場合も多い。

たとえ平らな地面を歩くだけでも、膝には体重の2~3倍の負担がかかります。

階段を下りる時には、5~6倍の負担がかかると言われています。

体重が重いとその分膝に大きな負担がかかるので、肥満は変形性膝関節症を引き起こす原因になるのです。

足が真っ直ぐに伸びた正常な状態では、体重が膝の関節全体に均等にかかります。

しかし、O脚の人は、膝の内側に重心が偏るので内側の軟骨がすり減ってしまいます。

もともと日本人は、O脚が多いと言われ、O脚の人は靴底の外側がすり減る傾向があります。

靴底の外側がすり減っている人は、変形性膝関節症に気を付ける必要があるのです。



Sponsored Links


その他にも、運動不足で足の筋力が低下した人や、立ち仕事や重い荷物を持つ重労働で膝に負担をかけてきた人などは、変形性膝関節症になりやすいと言えます。

変形性膝関節症は女性に多くみられるのが特徴です。

では、なぜ女性に多く発症するのか?

それは、女性ホルモンの影響とも言われていたり、男性に比べて女性の方が太ももの筋力が弱いことなどから、女性に多く発症する傾向があると言われています。

女性の場合は、膝を安定させる筋力が弱いことから、歩くたびに膝が外側に揺れてしまう。

この状態が積み重なると軟骨が削れてくるのです。

すり減ってしまった軟骨を元に戻すことはできませんが、早く治療を受ければ、症状の進行を和らげることで、その後の生活の質が大きく変わってきます。


変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症の初期症状は、歩き出すや立ち上がるなどの動作を始めた時に膝に痛みや違和感があらわれます。

初期の段階では、そのまま動き続けたり、休んだりするうちに症状は治まってしまいます。

この時期に医療機関を受診して、しっかりとした治療を行っていれば、病気の進行を抑えることができるのですが、放置したり自己流の対処で済ませてしまうと、悪化して膝に水が溜まるなどの症状があらわれます。



変形性膝関節症-症状-原因-靴-外側-進行-骨画像

関節はなめらかに動くように関節液という液体で満たされています。

軟骨が削れると、そのかけらが関節液に混ざり、それが刺激になって関節に炎症が起こります。

削れた軟骨のかけらを排除しようと関節液がたくさん出るので膝に水が溜まる状態になるのです。

変形性膝関節症の症状が悪化すると、階段の上り下りや正座をするのが辛くなり、歩くのが困難になる場合もあります。

多くの場合が膝の痛みが酷くなると、あまり動かなくなり、動かさないことで足の筋肉がますます衰えるという悪循環に陥ってしまいます。

早期の受診は、変形性膝関節症の症状を悪化させないだけでなく、もっと深刻な関節の病気の発見にも繋がります。

変形性膝関節症の他にも、リウマチや膠原病など、関節に炎症が起こる病気というのはたくさんあります。

また、このような病気に変形性膝関節症が合併することがあります。

ですから、膝に違和感を感じたら、できるだけ早く医療機関を受診して、適切な治療を受けることが大切です。

 
元気に歩く!コンドロイチンとグルコサミン、キャッツクロウ配合のサプリメントはこちらです。
ツラいふしぶしに!コンドロイチンとグルコサミン、キャッツクロウ配合【毎日活歩】

変形性膝関節症の症状と原因は?靴底の外側がすり減っている人は要注意!?進行を抑えるためには早期受診が大切!



Sponsored Links









おすすめの記事

リウマチの症状!(指・足・手首・膝・肩)初期の関節リウマチでは血液検査で値がでない!?

太ももが痛い!(前側・裏側・外側・内側)太ももの後ろがピリピリ痛い原因とは?

つま先のしびれ!(左足・右足・病気・冷え・腰痛)足の親指がしびれる原因とは?

足の甲の痛みの原因は?(内側・外側・腫れ・歩き始め・ランニング)足の甲の腱鞘炎は靴ひもの締め付けに要注意!

くるぶしが痛い!(外側・内側-くるぶしの下が痛い・上が痛い・腫れ)靴擦れやランニングには要注意!



Sponsored Links





関連する記事