フィトケミカルとは?ファイトケミカルとの違いはあるの?多く含む食材とその効果を紹介!

フィトケミカルは、植物由来の健康成分として今注目されている成分です。

今回の記事では、このフィトケミカルを多く含む食材や、その効果について紹介します。

 
Sponsored Links








 

フィトケミカルとは

フィトケミカルとは、フルーツや野菜に含まれる香りや色素、苦味、辛みなどの成分のことです。

これが細胞を老化させる活性酸素の抑制に役立ちます。

細胞の老化が原因で引き起こる動脈硬化やがん、アルツハイマー病などの予防が期待されている成分でもあります。

この成分のことを「フィトケミカル」と言ったり、「ファイトケミカル」と言ったりすることがありますが、それぞれに違いはなく同じことを意味しています。

フィトケミカルの「フィト(φυτό)」はギリシャ語で植物を意味し、ファイトケミカルの「ファイト(phyto)」は英語で植物を意味します。

「ケミカル」は化学物質を意味しています。

つまり違いはなく同じことを言っているのです。

人間にとって重要なタンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維の6第栄養素に加えて、第7の栄養素として注目されているのがフィトケミカルです。

フィトケミカルのなかには、よく知られている成分であるポリフェノールやイソフラボンも含まれています。

植物由来の体に良い成分をまとめてフィトケミカルと言います。

 
フィトケミカルとは-ファイトケミカル-違い-食材-効果-ブドウ画像
 

フィトケミカルの効果

フルーツや野菜の中には、約5千~1万種類ものフィトケミカルが含まれています。

フィトケミカルは、体の健康や美容に有効です。

特に色が鮮やかなものに多く含まれています。

フィトケミカルは、酸化しやすい性質があります。

たとえば、リンゴを切ってしばらく放置すると、切り口が酸素に触れて茶色く酸化します。

これはリンゴのフィトケミカルが酸化した状態です。

フィトケミカルを含むリンゴを食べることで、自分の体が酸化して錆びつく前にリンゴが代わりに錆びついてくれる。

そのため体内の細胞が錆びつくのを防ぐ効果が期待できるのです。

このような効果を抗酸化作用と言います。

フィトケミカルは、もともと動くことのできない植物が害虫や紫外線、細菌などから自らを守るために自分で作り出した物質なのです。

フィトケミカルは、植物の皮の部分に多く含まれています。

ですから、リンゴの皮をむいて捨ててしまうと、一番重要な部分を摂取することができません。

 
Sponsored Links

 

リンゴやブドウなど、皮ごと食べる方が、健康や美容に良いと言えます。

ただし、無農薬のものや皮ごと食べられる品種を選んで食べると良いでしょう。

ブドウのフィトケミカルは、ポリフェノールです。

野菜やフルーツのジュースを週3回以上飲んでいる人は、週1回未満の人と比べて、アルツハイマー病の発症リスクが約76%も低いという調査結果が報告されています。

フィトケミカルの摂取方法

フィトケミカルの抗酸化作用は、野菜やフルーツの色が濃い方が高いことが分かっています。

たとえば、トマトの赤い色が濃い方を選んで食べる方が良いと言えます。

トマトに含まれるフィトケミカルは、血液をサラサラにする効果や毛細血管を強くする効果、さらには紫外線から皮膚を守る効果などがあると言われています。

 
フィトケミカルとは-ファイトケミカル-違い-食材-効果-トマト画像
 
女性には、黒豆に含まれるフィトケミカルがおすすめです。

黒豆に含まるフィトケミカルは、女性ホルモンと似たような働きがあります。

女性は高齢になると女性ホルモンの分泌が、徐々に少なくなってきます。

女性ホルモンが減少すると骨が脆くなりやすい。

ですから、骨粗しょう症の予防に役立つと言えます。

大豆にも同じよう成分は含まれていますが、黒豆の黒い成分「アントシアニン」が非常に強い抗酸化作用があるため、できれば黒豆を食べる方が良いでしょう。

ブロッコリーのなかには、アントシアニンが200種類以上入っていることが確認されています。

ブロッコリーも健康・美容のためにおすすめな食材です。

アントシアニンは、壊れにくい性質があり、煮たり焼いたりといった調理を行っても大丈夫です。

ですから、必ずしも生で食べる必要がありません。

 
血液中の中性脂肪値が気になる方にはこちらをお勧めします。
血中中性脂肪、1日1本続けて約20%低下!?ニッスイのトクホ、イマークS

フィトケミカルとは?ファイトケミカルとの違いはあるの?多く含む食材とその効果を紹介!

 
Sponsored Links








 

おすすめの記事

ブロッコリースプラウトを栽培してみた!育て方・栄養・効果・食べ方を紹介!

ルイボスティーとは?効能や飲み方を紹介!

レジスタントスターチの温度や効果は?含有量の多い食品パンやご飯、さつまいもなどを冷やすだけ!

バナナの栄養の効能は?ダイエットには夜と朝どっちが良い?黒バナナの美容・健康効果を紹介!

トマトの栄養の効能/効果は?生と加熱でリコピン吸収率の違いとは?

 
Sponsored Links




 

関連する記事