腱板断裂の症状!(痛み・しびれ)約6割は自覚症状がほとんどない!?

中高年の肩の病気でよく知られているのは五十肩ですが、60代以上で肩の痛みや動きの悪さを感じた場合は、それとは別の病気だったというケースが多い。

なかでも多いのが腱板断裂という病気です。

今回の記事では、痛みやしびれを伴う腱板断裂の症状について紹介します。



Sponsored Links









腱板断裂とは

腱板断裂は、主に加齢が原因で起こる病気なので、腱板断裂の患者は60歳以上に多い。

そのため60歳以上の4人に1人が腱板断裂を起こしていると考えられています。

肩の構造は、肩の上側には棘上筋と呼ばれる筋肉あり、胸から肩にかけて肩甲下筋があります。

これらの筋肉と肩関節の骨が繋がっている部分を腱板と言います。

この腱板が加齢などが原因で脆くなって、そこに肩の運動が加わって裂けたり、すり減ったりすることを腱板断裂もしくは腱板損傷と言います。

腕の上げ下げを行う時に、肩の上の部分の棘上筋に負担がかかるため、棘上筋が切れて腱板断裂が起こりやすい。



腱板断裂-症状-痛み-しびれ-骨画像

腱板断裂の原因

腱板断裂の主な原因は加齢です。

加齢により腱板を構成しているコラーゲンが脆くなり、腱板が、まるで古くなった輪ゴムように脆くなって切れやすくなります。

特に長年、肩を酷使するような農業や林業、運送業などの仕事をやっている場合は、腱板断裂になるケースが多い。

または、腕を使ったスポーツを長年やっていることで、腱板断裂を引き起こすこともあります。

さらには、肩関節の構造や体質なども腱板断裂を引き起こす原因として考えられます。

たとえば、60歳以上の高齢者で数年前から肩の痛みを感じていて、五十肩だと思って放っておいたら腱板断裂だったというケースも少なくない。

実際には、五十肩でも放置せずに病院で診てもらう方が賢明です。

または、高齢になってから久しぶりにテニスをしようとボールを打った瞬間に肩に負担がかかって、腱板断裂を発症するというケースもあります。

これは、加齢によって脆くなった腱板に、さらに負担がかかって発症したと考えられます。



Sponsored Links


腱板断裂の症状

腱板断裂の主な症状は、肩の痛みやしびれです。

酷い時には、夜も眠れないほど肩に痛みを感じる場合もあります。

しかし、腱板断裂がある人の約6割は、症状がほとんどないと言われています。

腱板断裂は、加齢によって起こることが多いので、ほとんど場合がゆっくり進行します。

そのため炎症が起きずに痛みやしびれといった症状が出にくいと言われています。

また、多くの場合が肩の上の部分の棘上筋の断裂だけで、肩関節の前や後ろの腱板は切れずに残っているので、他の筋肉をうまく使うことで肩を動かせることが多い。

ただし、腱板断裂が起こってるため、腕の使い過ぎなどをきっかけに肩の痛みやしびれを感じるようになる恐れがあります。



腱板断裂-症状-痛み-しびれ-画像

腱板断裂の治療

腱板断裂の治療は、患部の炎症を抑える注射をするなどの薬物療法や医師の指導を受けた上での運動療法などがあります。

この運動療法は、間違ったやり方をすると、かえって悪化させてしまうので必ず医師や理学療法士の指導によって行います。

薬物療法と運動療法では肩の痛みやしびれ、動きの悪さなどの症状を十分に改善できない場合は、手術を行うこともあります。

腱板断裂を放置すると悪化してしまう恐れがあります。

肩の痛みや動きに異常を感じたら、早めに病院を受診するようにしましょう。

 
仕事の責任は大きくなるのに体がついてこない・・・活力を取り戻す!

中高年の男性専用サプリメントはこちらです。
薬剤師が作った男性のための活力サプリ【更燃王 コウネンキング】

腱板断裂の症状!(痛み・しびれ)約6割は自覚症状がほとんどない!?



Sponsored Links









おすすめの記事

枕が肩こり・頭痛・腰痛・いびきの原因に?症状が悪化すると頸椎(首の骨)の病気の危険性も!?

中性脂肪が高い原因?動脈硬化を引き起こす「隠れ中性脂肪」とは?

フィトケミカルとは?ファイトケミカルとの違いはあるの?多く含む食材とその効果を紹介!

脂肪肝とは?原因は食事!初期症状がほとんどないため肝臓数値で確認!

大腸がんの症状は?初期から末期(ステージ4)までの症状を紹介!



Sponsored Links





関連する記事