RSウイルス感染症の症状は0歳・1歳の赤ちゃんが重症化しやすいので要注意!

RSウイルス感染症とは、RSウイルスの感染によって起こる呼吸器感染症です。

くしゃみや咳などで感染し、秋から冬にかけて流行します。

咳や鼻水、発熱など、風邪に似た症状がでて、乳幼児を中心に肺炎など重症化することもあります。



Sponsored Links









0歳や1歳の小さな子供は、気管支炎や肺炎に進展しやすく、ゼイゼイと呼吸困難になることがあります。

症状が酷い場合は入院になるケースもあります。

RSウイルス感染症は、赤ちゃんが発症すると重症化することもあるので注意が必要な病気です。

RSウイルス感染症は、接触感染があるので、おもちゃなども気をつけなければなりません。

また、手洗い・うがいを行うことも大切です。


RSウイルス感染症の感染経路

RSウイルス感染症の感染経路は、主に「飛まつ感染」と「接触感染」の2種類があります。

飛まつ感染は、RSウイルス感染症患者の咳やくしゃみによって感染するケースです。

接触感染は、RSウイルス感染症患者が触った物を触れることで感染するケースです。

小さな子供は、おもちゃなどを介して感染することがあります。



RSウイルス感染症-症状-0歳-1歳-赤ちゃん-画像

RSウイルス感染症は何度でも感染する恐れがある

RSウイルス感染症は、咳や鼻水など風邪によく似た症状が起こります。

1歳までに半数の子供がRSウイルスに感染すると言われています。

そして、2歳までには、ほとんどの子供が感染するとも言われています。

たとえば、麻疹(はしか)などのように、一度感染すると、もう発症しない病気があります。

このようなものを終生免疫と言いますが、RSウイルス感染症は、終生免疫がないと言われていて何度でも感染する特徴があります。



Sponsored Links


RSウイルス感染症が重症化すると・・・

RSウイルス感染症は、赤ちゃんがかかると重症化する恐れがあり、悪化した状態で即入院というケースもあります。

RSウイルス感染症が悪化して肺炎になるということは、よく知られていると思いますが、乳幼児の場合は、細気管支炎という病態があります。

病態が重い場合は、酸素投与や人工呼吸器が、必要になる場合もあるので注意が必要です。

細気管支とは、気管支が肺に繋がった先端の細くなった部分のことです。

この細い気管支の部分に内部の分泌物が付着すると、呼吸がスムーズにできなくなって息苦しい状態になります。

この状態になると呼吸をするたびに「ゼイゼイ」と鳴る喘鳴という症状が起こります。

細気管支に炎症が起こる病気を細気管支炎と言います。

小学生以上の子供や大人の場合は、乳幼児に比べて免疫力が強いので、RSウイルスに感染しても咳がでる程度の症状で自然治癒することもありますが

大人であっても、花粉症や喘息など呼吸器に症状がでるアレルギー患者の場合は、アレルギー症状が出ている時期にRSウイルスに感染すると、悪化する可能性があります。

風邪、インフルエンザ、花粉症が流行する季節には大人でも注意する必要があります。

感染症の予防には免疫力を高めることが重要です。

体全体の免疫細胞のうち6割が腸内に存在します。

つまり腸を元気に保つことは免疫力を高めることにつながります。

 
腸内環境を整える乳酸菌サプリメントはこちらです。
腸内環境の改善に「快腸サポート」


RSウイルス感染症の対処

RSウイルス感染症のワクチンと特効薬は今のところありません。

治療は、主に対処療法になり、熱を下げたり、喉の痛みを抑えるなどの対処が行われます。

このような状態なので、予防が重要になります。

自覚症状がある場合は、できるだけ早く病院で診てもらうようにしましょう。



RSウイルス感染症-症状-0歳-1歳-赤ちゃん-おもちゃ画像

RSウイルス感染症の予防

RSウイルス感染症は、0歳児や1歳児などの赤ちゃんが発症すると重症化しやすい病気です。

ですから、RSウイルス感染症の予防は、家族や周囲の人が感染しないように注意してあげることが大切です。

大人がRSウイルスに感染しても比較的、症状が軽いので、本人がRSウイルス感染症になっていることに気付いていないことが多い。

赤ちゃんがいる家庭では、感染を起こさないように周りの人が、手洗い・うがいを徹底して行うことが大切です。

おもちゃなどの子供が触れるような物を消毒することも重要です。

 
家庭で使える卵由来の抗ウイルス成分配合除菌スプレーはこちらです。
キユーピーの除菌スプレー K Blanche

RSウイルス感染症の症状は0歳・1歳の赤ちゃんが重症化しやすいので要注意!



Sponsored Links









おすすめの記事

マイコプラズマ肺炎の症状!(頭痛・熱・鼻水・咳・検査)潜伏期間やうつる期間は?仕事や学校の出席停止について紹介!

微熱が続く病気は?(女性・だるい・咳・頭痛・下痢)原因となる風邪に似た病気とは?

喉の痛みと腫れの原因は?(インフルエンザ・風邪・甲状腺・熱・咳)喉に白い塊ができる病気とは?

咳が止まらない!夜、眠れない!(喘息・夜と朝・風邪・痰)薬を飲んでも咳が止まらない原因とは?

息苦しい原因は?(肺・喉・心臓・胸の痛み・背中の痛み・動悸・ストレス・咳)夜に深呼吸すると息苦しい病気とは?



Sponsored Links





関連する記事