ゲンキの時間 9月13日 自律神経を整える方法

9月13日の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
自律神経のバランスを整えてイライラを解消する方法を紹介。

夏から秋かけて季節の変わり目は
自律神経が乱れがちになります。

自律神経のバランスが崩れると
体内のコントロールがうまくできなくなるため
様々な不調を引き起こしてしまいます。



Sponsored Links









9月13日「ゲンキの時間」の番組動画では
自律神経の乱れから起こる秋の体調不良について紹介。

季節の変わり目になると
体がだるくなったり、疲れやすくなったりします。
その原因は、温度差による自律神経の乱れが関係しています。

秋は、朝晩と日中の温度差が大きいため
風邪を引きやすくなったり、
体が冷えるので体調を崩してしまうことも少なくありません。


自律神経とは?

そもそも自律神経には、2種類あって
体を活発に働かせる交感神経と
体をゆったりとリラックスさせる副交感神経があります。

この2つのバランスが上手くとれている状態が
ストレスのない健康な身体と言えます。



Sponsored Links









自律神経を乱すNG行動

9月13日放送の「ゲンキの時間」では
ついついやってしまいがちな
ストレスを生み出すあの行動について紹介。

自宅でゆっくり寛いでいるはずなのに
逆に疲れやストレスを溜め込んでしまうことがあります。

特に重要なのが、寝る前の時間の過ごし方です。
間違った過ごし方をしていると
その影響をうけて、睡眠中も心は休まっていない場合もあります。

自律神経のバランスを整えるためには
質の良い睡眠が必要です。

そのため次のようなことは
睡眠を妨げてしまうので注意してください。

●寝る前には食事をしない。
(睡眠の2~3時間前には食事を済ませておきましょう。)

●寝る直前にお風呂に入らない。
(寝る1時間前までにはお風呂に入る。)

●アルコール摂取は睡眠の質が悪くなるので注意!
(ノンカフェインのハーブティーをおすすめします。)

●寝る前にPCやスマートフォンの光を見ない。
(PCやスマホの光は太陽光と波長が似ているた目が覚めてしまう。)



ゲンキの時間-9月13日-自律神経を整える方法-スマホ画像

自律神経を整える音楽

9月13日の「ゲンキの時間」では
自律神経のバランスを整える方法として
音楽の活用を紹介。

自律神経のバランスを整える音楽には
ある法則性があると言われています。
それは「1/fゆらぎ」です。

1/fゆらぎは、自然界に多く見れます。
たとえば、小川のせせらぎやろうそくの炎のゆらぎなど
人が心地よいと感じる感情に深く関係しています。

モーツァルトやショパンなど
クラシック音楽の名曲にも1/fゆらぎが含まれています。

聴くだけで自律神経が整うCDブックはこちらです。
↓ ↓ ↓


質の良い睡眠をとる方法

9月13日放送の「ゲンキの時間」では
交感神経と副交感神経のバランスについて紹介。

自律神経には、体を活発にする交感神経と
リラックスした時に優位になる副交感神経があります。

交感神経は朝に働きはじめて
昼頃にはピークになります。
昼から夜にかけて徐々に交感神経の働きは抑えられていく。

一方、副交感神経は夕方から活発になり
睡眠中にピークを迎えます。

このように、交感神経と副交感神経の入れ替えが
スムーズにいくことで
質の良い睡眠をとることができます。

自律神経は自分の意思でコントロールできませんが
交感神経と副交感神経の入れ替えが
スムーズになるように工夫することはできます。

たとえば、眠る1時間前には部屋を暗くするとか
リラックスできるようにアロマオイルを使ったり
ハーブティーを飲んだりするとか
目の疲れをとるために目の周りを温めることも良いでしょう。

また、睡眠や休息に不満を感じる場合は
心の健康と休息に深く関わる成分
「セロトニン」が不足していることが原因とれています。

セロトニンが不足すると
疲れているのに体が休めなかったり
睡眠中に目が覚めてしまったりします。

睡眠をサポートするサプリメントはこちらです。
休息サポートサプリ「グッドナイト27000」

9月13日の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
自律神経のバランスを整えて秋バテを解消する方法を紹介。

ゲンキの時間 9月13日 自律神経を整える方法

健康カプセル!ゲンキの時間HP



Sponsored Links









関連する記事