潰瘍性大腸炎の初期症状は血便・下痢・腹痛!症状無しと有りを繰り返すのが特徴!

潰瘍性大腸炎は、厚生労働省により特定疾患として指定され、治療の難しい難病として知られています。

潰瘍性大腸炎の主な症状は、下痢や腹痛ですが、悪化すると大腸がんを引き起こす可能性もあります。

潰瘍性大腸炎の日本人の患者数は約14万人と言われ、年々、増加傾向にあります。

今回の記事では、潰瘍性大腸炎の初期症状や原因について紹介します。



Sponsored Links









潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎は、主に大腸に炎症が起きる病気ですが、直腸に炎症が起こることもあります。

大腸の粘膜に炎症が起こり、表面がただれて潰瘍やびらんを形成します。

潰瘍性大腸炎は、もともと欧米人に多く、日本人患者は少ないとされていたのですが、近年、日本でも患者数が急増している病気です。

潰瘍性大腸炎による炎症には、いくつかタイプがあります。

炎症が大腸全体に見られる全大腸炎症型。

炎症が直腸から大腸の左半分まで広がっている左側大腸炎症型。

炎症が直腸のみに限られている直腸炎症。

潰瘍性大腸炎の症状の多く場合は、粘膜の炎症が直腸から大腸にかけて連続して見られるのが特徴です。



潰瘍性大腸炎-初期症状-血便-下痢-腹痛-症状無し-画像

潰瘍性大腸炎は20代~30代が発症しやすい!?

潰瘍性大腸炎は、男女ともに20代~30代の若年層が発症しやすいと言われています。

ただし、この病気は、発症してから一生かかえる難病なので、幅広い年齢層の患者がいます。

発症したら、いったん症状が治まったように見えても、数カ月~数年後に再び悪化することがあります。

症状無しの状態と症状有りの状態を繰り返すのが特徴です。



Sponsored Links


潰瘍性大腸炎の症状

潰瘍性大腸炎の初期症状は、頻繁に起こる下痢と、大腸内の出血で起こる血便です。

さらに症状が悪化すると、腹痛や発熱、貧血などを伴う場合があります。

潰瘍性大腸炎の症状は、安定する時期と強い時期を繰り返すのが特徴です。

下痢、血便、腹痛などの症状が酷い時期もあれば、いったん治ったように症状無しになる時期もあります。

症状無しと症状有りの状態を繰り返すタイプもあれば、下痢や腹痛、血便などの症状が長期にわたって続く慢性持続型もあります。


潰瘍性大腸炎の原因

潰瘍性大腸炎は、難病指定されている病気なので、この病気が発症する原因については、はっきりと分かっていない部分もあるのですが、潰瘍性大腸炎が発症する原因の1つとして、腸内細菌に対する異常な免疫反応によって起こると考えられています。

私たちの腸内には、体にとって有害な細菌と闘う免疫反応があります。

通常は、無害と判断した腸内細菌は、攻撃せずに共存していますが、免疫機能に異常が起こると、体にとって無害な腸内細菌まで攻撃してしまうため、大腸内の粘膜に炎症が起こり潰瘍性大腸炎を引き起こしてしまうのです。

その他にも、食生活や遺伝的なもの、腸内細菌の変化など、様々なことが原因として考えられています。

また、強い精神的ストレスを受け続けることで、症状が悪化するという考えもあります。

ただし、ストレスが原因になるというよりは、潰瘍性大腸炎の症状を悪化させてしまう誘因として考えられています。



潰瘍性大腸炎-初期症状-血便-下痢-腹痛-症状無し-大腸画像

潰瘍性大腸炎は何科を受診したらいいの?

潰瘍性大腸炎は早期発見・早期治療を行うことが大切です。

下痢や腹痛、血便などの症状があり、潰瘍性大腸炎が疑われる場合は、出来るだけ早く消化器内科を受診すると良いでしょう。

この病気の診断のためには大腸内視鏡検査が必要です。

 
身体環境は内側から!自然由来のサプリメントはこちらです。
黒梅日和

潰瘍性大腸炎の初期症状は血便・下痢・腹痛!症状無しと有りを繰り返すのが特徴!



Sponsored Links









おすすめの記事

大腸がんの症状は?初期から末期(ステージ4)までの症状を紹介!

腸内環境を整える方法!食べ物の食べ方や免疫細胞を増やす腸内細菌を紹介!

リンパ腺とは何か?なぜ腫れるのか?役割を分かりやすく説明!

アミラーゼが高い・低い原因は?(食事・ストレス・血液検査・尿・基準値)アミラーゼ検査値の異常で疑うべき病気とは?

指の付け根が痛い!(人差し指・中指・薬指・小指・親指)手の腱鞘炎はパソコン作業に要注意!



Sponsored Links





関連する記事