狭心症の症状と原因は?安定狭心症と不安定狭心症の違いとは?

狭心症は、一般的に60代以上の方に多いと言われていますが、30代や40代など比較的若い年代でも発症する恐れがあります。

今回の記事では、狭心症の症状やこの病気が起こる原因についてです。

また、安定狭心症と不安定狭心症の違いについても紹介します。



Sponsored Links









狭心症の症状

狭心症の症状は、突然、左胸を中心に、締め付けられるような鈍い痛みが起こります。

強い圧迫感や重圧感を感じるようになります。

多くの場合は、胸の痛みが数分から数十分で治まります。

その他にも、みぞおちや喉、顎、歯などが痛くなる場合があります。

このような症状を関連痛と言います。

左肩から胸にかけて痛みを感じる場合もあります。

胸の痛みに加えて、冷や汗や吐き気、不整脈などを伴う場合もあります。



狭心症-症状-原因-安定狭心症-不安定狭心症-違い-冠動脈画像

狭心症の症状チェック

□ 発作の時間が以前より長くなってきた。

□ 今まで時々発作があったが回数が増えてきた。

□ 今までは発作がなかったのに新しく起こった。

□ 安静時や軽い運動で発作が起こる。

□ 発作の痛みが強くなった。

上記の内容で1つでも当てはまる場合は、狭心症の可能性があるので、早めに医療機関を受診するようにしましょう。


狭心症の原因

心臓の筋肉に酸素と栄養を送り込む冠動脈という血管があります。

その冠動脈が狭くなることが原因で、心臓に十分な量の血液が流れなくなり、酸素と栄養が不足して狭心症が起こります。

この時に生じる痛みを狭心痛と言います。

冠動脈が狭くなる最も多い原因は、動脈硬化によるものです。



Sponsored Links


安定狭心症と不安定狭心症の違い

狭心症は、大きく分けると安定狭心症と不安定狭心症の2つに分類されます。

ここではそれぞれの違いについて紹介します。

 

安定狭心症

血管の壁に傷が付いた場所に悪玉コレステロールが入り込んで溜まると、プラークと呼ばれる突起物ができます。

このプラークが破れて出血すると血の塊である血栓ができます。

その血栓だけが吸収されてプラークが残ってしまい、血管が狭いまま落ち着いている状態を安定狭心症と言います。

安定狭心症を放置していまい症状が悪化すると、不安定狭心症、急性心筋梗塞になるケースがあるので注意が必要です。

 

不安定狭心症

血液中の悪玉コレステロールが血管の内壁に、入り込んで溜まるとプラークができます。

何らかのきっかけでプラークが破れて出血すると血栓ができます。

この血栓によって血管内が狭くなり、血液の流れが悪くなった状態を不安定狭心症と言います。

また、この血栓がどんどん大きくなって、血管が詰まった状態が急性心筋梗塞です。

不安定狭心症と急性心筋梗塞の違いは、血管が詰まりかけているか、完全に詰まってしまったのかの違いなので、2つをまとめて急性冠症候群と呼ばれています。



狭心症-症状-原因-安定狭心症-不安定狭心症-違い-心臓画像

狭心症は、胸の痛みの発作が起きても数分程度で治まるため、まさか自分が狭心症だと思わずに放置していまうケースも少なくありません。

放置してしまうと、どんどん病気が悪化して、治療が困難になる場合もあります。

胸の痛みなど自覚症状を感じたら、できるだけ早く医療機関を受診するようにしましょう。

狭心症のカテーテル治療は、血管の詰まってしまった部分だけの治療になります。

したがって、血管の別の部分に動脈硬化の病変ができた場合は、再度、心臓カテーテル治療を受ける必要があります。

ですから、治療後も軽い運動や健康的な食事を心掛けて、動脈硬化が再発しないように努力する必要があります。

 
血液中の中性脂肪値や悪玉コレステロール値が気になる方には、こちらをお勧めします。
【中性脂肪が気になる方に】ニッスイのトクホ、イマークS

狭心症の症状と原因は?安定狭心症と不安定狭心症の違いとは?



Sponsored Links









おすすめの記事

心筋梗塞の症状と原因は?前兆となる背中の痛みや胸の痛みに要注意!

息苦しい原因は?(肺・喉・心臓・胸の痛み・背中の痛み・動悸・ストレス・咳)夜に深呼吸すると息苦しい病気とは?

中性脂肪が高い原因?動脈硬化を引き起こす「隠れ中性脂肪」とは?

高血圧の症状と原因は?めまいや眠気がある場合は重症のケースが多い!?

リンパ腺とは何か?なぜ腫れるのか?役割を分かりやすく説明!



Sponsored Links





関連する記事