みんなの家庭の医学 9月15日 魚うどん エクサドン 忍にん体操

9月15日放送の「みんなの家庭の医学」は
脳・足腰・血管若返り!
全国各地で行われるご当地健康法を紹介!

◎脳年齢が40歳も若返る!?新潟県佐渡島の「エクサドン」

◎足腰を無理なく鍛えられる!三重県伊賀市の「忍にん体操」

◎血管若返りのご当地グルメ!宮崎県日南市「魚うどん」



Sponsored Links









今回の「みんなの家庭の医学」の番組動画は
名医が厳選したご当地健康法のやり方を公開!
認知症予防や足腰強化、血管若返りが期待できる健康法が満載です。


太鼓を叩いて脳年齢が若返る!「エクサドン」

今回の番組で特に気になる内容は
新潟県佐渡島で行われている「エクサドン」について。
なんと!40歳も脳年齢が若返るというから驚きです。

「EXADON(エクサドン)」は
佐渡で行われている太鼓を使った認知症予防のエクササイズです。

佐渡には現地の郷土芸能「鬼太鼓(おんでこ)」というものがあります。
現地で行われているエクサドンでは
本物の太鼓を使用してエクササイズしていますが
家庭では、なかなか太鼓があるわけではないので
バケツや洗面器などを裏返しに置いて
太鼓のかわりをして行うと良いようです。

9月15日の「みんなの家庭の医学」で紹介される
エクサドンの内容は、
複数の違った音の出る太鼓(バケツや洗面器など)を
2人でセッションしながら楽しんで叩くというものです。

複数の太鼓を叩くことで脳の活性化が期待できます。
さらに、太鼓を叩く運動は
リズムをとるために膝を使ったり
太鼓を叩く両腕を使ったりと
楽しみながら全身運動ができる。



Sponsored Links









忍者の動きで足腰強化!「忍にん体操」

健康寿命を伸ばすために、最も重要なのが
年をとって自分の足で歩ける丈夫な足腰です。

9月15日放送の「みんなの家庭の医学」では
三重県伊賀市で行われている
忍者の動きから考案された「忍にん体操」という
ユニークで楽しい体操を紹介。

伊賀だから忍者というだけでなく
その内容は名医も納得の健康効果が得られものです。

そもそも忍者の動きは
体幹・インナーマッスルを鍛えるために有効とれていて
スポーツ選手のトレーニングで取り入れられることもあります。

忍にん体操は、体幹を鍛えることで
転倒しにくい、ふんばりのきく体作りに効果があります。
今回の「みんなの家庭の医学」では
両手を身体の前に組んで
片足で立ってバランスをとるという忍者のポーズを実践します。

本来、片足でバランスをとる場合は
両手を広げて体を安定させるものですが
忍にん体操の場合は両手を組んだ状態で
片足バランスを行うため
意識を体の中心にもってこないと片足で立っていられない。
そのため自然に体幹を意識した運動ができるようになります。

私も片足で忍者のポーズをやってみたのですけど
これがなかなかバランスをとるのが難しい。
ちょっとふらつきながらバランスがとれる感じです。
足腰が丈夫になりそうです。



みんなの家庭の医学-9月15日-魚うどん-エクサドン-忍にん体操-脳年齢 足腰 血管若返り 画像

ご当地グルメで血管若返り!「魚うどん」

9月15日の「みんなの家庭の医学」では
食べるだけで血管が若返る!ご当地グルメ「魚うどん」を紹介。

魚うどんの作り方は、トビウオやカンパチなどのすり身に
小麦粉・卵・塩・片栗粉を加えて麺状にします。
宮崎県日南市周辺の郷土料理です。

使われ魚はハモ、ヒラマサ、鯛、カワハギ、クエなども
すり身にすることがあります。

特に青魚に多く含まれるEPA・DHAは
血液をサラサラにする効果があります。
血栓ができるのを防ぐことが期待できるため
脳梗塞や心筋梗塞の予防効果もあります。

また、青魚は抗酸化効果のある緑黄色野菜と一緒に食べることで
さらに効果が期待できます。

魚を普段からよく食べる人と、あまり食べない人では
魚をよく食べる人の方が心筋梗塞の発症リスクが
35%~45%も減るというデータが報告されています。

血中中性脂肪・コレステロールが気になる方にはこちらがオススメです。
血中中性脂肪、1日1本続けて約20%低下!?ニッスイのトクホ、イマークS

みんなの家庭の医学 9月15日 魚うどん エクサドン 忍にん体操

みんなの家庭の医学HP



Sponsored Links









関連する記事