中耳炎の種類と症状!治りにくい難治性中耳炎の原因とは?

中耳炎には、いくつかの種類があり、その原因と症状も様々です。

中耳炎の主な原因は細菌感染ですが、近年、薬剤が効きにくい薬剤耐性菌が増えており、なかなか治らずに慢性化するケースも少なくありません。



Sponsored Links









急性中耳炎

急性中耳炎とは、鼓膜の内側の空間にある中耳に炎症が起こる病気です。

特に、乳幼児に多くみられ、急性感染症の代表的なものです。

中耳と鼻の奥は、耳管という細い管でつながっています。

細菌が鼻や喉から耳管を通って中耳に侵入することで内部に炎症が起こります。

症状が悪化すると、中耳腔に膿が溜まり、鼓膜を圧迫するので激しい痛みが生じます。

やがて、内部に溜まった膿に圧迫されて鼓膜が自然に破れると、膿が耳だれとなって流れ出ます。

中耳炎の主な原因菌は、肺炎球菌とインフルエンザ菌です。

原因菌の中には、薬剤が効きにくい薬剤耐性菌の割合が増えていて、なかなか治りにくい難治性中耳炎の原因になっています。



中耳炎-種類-症状-治りにくい-難治性中耳炎-原因-耳画像

慢性中耳炎

慢性中耳炎とは、急性中耳炎が治りきらず、鼓膜にあいた穴から細菌が感染し炎症が慢性化した状態を言います。

慢性中耳炎は、小児期の急性中耳炎の治療が不十分な場合に起こりやすい。

人間の耳は、急性中耳炎などで炎症がひどくなると鼓膜に穴があき、中に溜まった膿を出し炎症を治そうとする働きがあります。

通常は、あいた穴は症状の回復と同時に自然と閉じますが、中耳炎を繰り返したり、治り方が不十分だと、穴があいたままになり、そこから再び細菌が侵入して慢性中耳炎を発症します。



Sponsored Links


滲出性中耳炎

滲出性中耳炎とは、中耳に滲出液が溜まっている状態のことを言います。

滲出性中耳炎は、あらゆる年齢層で発症しますが、特に子供の発症頻度が非常に高い病気です。

鼻と耳を繋ぐ耳管が、アデノイドと呼ばれる扁桃腺の肥大で塞がれたり、鼻咽腔に慢性的な炎症があると耳管に炎症が起こり閉塞します。

その結果、滲出液が中耳の血管から滲み出し、中耳腔に溜まります。

この状態を放置してしまうと、鼓膜の萎縮や陥没などを引き起こす恐れがあるので適切な治療が必要です。


真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎とは、鼓膜の一部が耳の奥へと入り込み、真珠のような上皮細胞の塊を形成する疾患です。

真珠腫性中耳炎は、後天性の真珠腫です。

中耳は、耳管という細い管で鼻と繋がっています。

呼吸により鼻から入った空気の一部は、耳管を通じて中耳へ送られています。

この空気によって、外耳と中耳では気圧が一定に保たれ、鼓膜は常に張った状態を維持できます。

ところが、滲出性中耳炎などによって、耳管機能に障害が生じると、中耳の気圧が低下し、鼓膜に袋状のへこみができます。

このへこみに皮膚の垢が溜まり真珠腫が形成されます。

真珠腫性中耳炎は、皮膚の垢が溜まる原因となる鼻すすり癖がある人に発症しやすいと言われています。



中耳炎-種類-症状-治りにくい-難治性中耳炎-原因-耳の仕組み画像

耳硬化症

耳硬化症は、中耳炎とは違う病気ですが、同じく中耳に発症する疾患です。

耳硬化症とは、耳小骨の障害によって起こる難聴を主な症状とする耳の病気です。

鼓膜の裏側にある中耳には、耳小骨という小さな骨があります。

耳小骨は、「つち骨」「きぬた骨」「あぶみ骨」の3つから成り、鼓膜の振動を内耳に伝える働きをしています。

あぶみ骨の周囲の骨が何らかの原因によって硬化・増殖して、あぶみ骨が動かなくなり、難聴などの症状を引き起こします。

このような状態になる明確な原因は、医学的にはっきりと解明せれていませんが、遺伝的要因が関係していると考えられており、東洋人よりも欧米人に多くみられる病気です。

また、女性ホルモンの影響も指摘されており、妊娠・出産をきっかけに難聴が進行することもあります。

耳に発症する病気は、その他にも様々な症状があります。

自覚症状がある場合は、できるだけ早く病院を受診するようにしましょう。

中耳炎の種類と症状!治りにくい難治性中耳炎の原因とは?



Sponsored Links









おすすめの記事

首のしこり!(痛くない・痛い・熱)消えない首のしこりは何科を受診?原因となる病気とは?

口の中のできものが痛いor痛くない!(白い・赤い・透明・黒い・上顎)口内炎は何科を受診?

息苦しい原因は?(肺・喉・心臓・胸の痛み・背中の痛み・動悸・ストレス・咳)夜に深呼吸すると息苦しい病気とは?

活性酸素を除去するSOD抗酸化酵素とは?老化現象と抗酸化作用のメカニズムを紹介!

PM2.5の症状!(咳・痰・頭痛・喉・鼻水)マスクで対策する時の注意点とは?



Sponsored Links





関連する記事