光老化対策!化粧品や食事、日焼け止めなど紫外線を防ぐ方法を紹介!

老化の原因の約8割が光によるものだと言われています。

紫外線対策には、化粧品や食事、日焼け止めなどが必要です。

今回の記事では、光老化を防ぐための方法について紹介します。



Sponsored Links









光老化とは

光老化とは、文字通り光によって皮膚や髪の毛などの老化が進むことです。

老化する原因は様々なことが考えられますが、なかでも光が原因で老化するケースが全体の約8割を占めていると言われています。

太陽光の紫外線だけでなく、可視光線や近赤外線、さらにはブルーライトなども老化の原因になると考えられています。

可視光線とは、人間が目で見える光のことを言います。パソコンやスマートフォンなどに使われるブルーライトは可視光線の部類に入ります。

赤外線については、近赤外線と呼ばれる波長の範囲が老化の原因になると考えられています。

ただし、光老化の主な原因は、紫外線によるものが多く、光による老化対策は紫外線を防ぐことが重要になっています。



光老化-対策-化粧品-食事-日焼け止め-紫外線-方法-レモン画像

光老化対策

光老化対策については、抗酸化作用のある食事やUVカットの化粧品、日焼け止めなどの使用が大切です。

ここでは、紫外線を防ぐための方法として「食事」「日焼け止め」「メイク」について紹介します。

 

食事

光老化は活性酸素が増えることで起こります。

食事による光老化対策は、抗酸化作用のある栄養素を含む食べ物を積極的に摂取することが大切です。

ただし、抗酸化作用のある食品だけ食べていれば大丈夫というわけではありません。

美容・健康を維持するためには、栄養バランスの良い食事を心掛ける必要があります。

さらに光老化対策を意識した抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを含まる食べ物をプラスしていくことが大切です。



Sponsored Links


●ビタミンAを多く含む食べ物
モロヘイヤ
レバー
うなぎ
にんじん など

●ビタミンCを多く含む食べ物
アセロラ
パプリカ
芽ギャベツ
レモン など

●ビタミンEを多く含む食べ物
モロヘイヤ
バジル
パセリ
たらこ など

飲む紫外線ケア・サプリメントはこちらです。
REBLANCOAT(リブランコート)

 

日焼け止め

日焼け止めを塗ることは、光老化対策のために最も重要なことです。

しかし、体の部分によっては、日焼け止めを塗り忘れてしまうことがあるのです。

顔や手などの気になる部分は、日焼け止めをしっかり塗っていても、耳や首、足元など塗り忘れてしまうことが多い。

また、手にしっかり日焼け止めを塗ったはずなのに、外出前に洗い物をしてしまい手元が日焼けしてしまうというケースもあります。

足の甲やくるぶしのあたりなど、足元に日焼け止めを塗り忘れてしまうこともあるので注意が必要です。

日焼け止めクリームの使用量はメーカーにも異なりますが、一般的には1cm²あたり2㎎必要です。多くの場合が不足しがちなので注意が必要です。

日差しの強い夏場には、日焼け止めの塗り直しの目安を約2時間ごとに塗り直すようにすると良いでしょう。



光老化-対策-化粧品-食事-日焼け止め-紫外線-方法-クリーム画像

メイク

光老化対策のためのメイクの仕方は、まずは基礎化粧品(乳液、化粧水、美容液など)を使った後に日焼け止めを塗って、下地作りからファンデーションを塗り、最後にパウダー系のメイクをします。

たとえば、下地やファンデーションにUVカット成分が入っているから日焼け止めを塗らないという人もいるかもしれませんが、UVカット成分が入っているものを使用していても、下地の前に日焼け止めを塗る必要があります。

下地の前に日焼け止めを塗ることでさらに光老化対策ができるようになります。

UVカット成分配合のファンデーションを使用していても、マスクや汗などで取れてしまうこともあります。

ですから、ファンデーションの下に日焼け止めを塗っておくと安心です。

一般的には、UVカット表示がされていないファンデーションでも、紫外線を防ぐ指標「SPF」がSPF-6くらいあると言われています。

パソコンやスマートフォンに使われているブルーライトでしたら、BBクリームやCCクリームなどの比較的弱い日焼け止めでもOKです。

UVカットのスプレーは、お肌に塗るタイプの日焼け止めに比べて効果は弱いので、メイク直しや髪の毛用に使用すると良いでしょう。

夏の素肌を守り抜く!100%自然素材の【ミネラルUVファンデーションシリーズ】はこちらです。
ミネラルUVファンデーション【VINTORTE】

光老化対策!化粧品や食事、日焼け止めなど紫外線を防ぐ方法を紹介!



Sponsored Links









おすすめの記事

急に痩せる原因は?(病気・ストレス・糖尿病・癌)食べているのに体重が減る症状とは?

生活リズムを整えるためには食事と睡眠のリズムを改善!

ビオチンの効果は?(肌・髪)1日の摂取量やビオチンを含む食品を紹介!

潰瘍性大腸炎の初期症状は血便・下痢・腹痛!症状無しと有りを繰り返すのが特徴!

微熱が続く病気は?(女性・だるい・咳・頭痛・下痢)原因となる風邪に似た病気とは?



Sponsored Links





関連する記事