サタデープラス 9月19日 膝痛

9月19日放送の「サタデープラス」は
膝痛改善エクササイズと正しい歩き方を紹介。

歩き方で若返り!
毎日の生活の中で歩く速度をしっかり意識する!
など、最新医学の歩き方を名医が徹底解説!



Sponsored Links









9月19日の「サタデープラス」では
身体の仕組みや正しいエクササイズ方法を知り尽くした
整形外科医の名医が膝痛解消方法を紹介。
いつまでも元気に自分の足で歩くことは
健康寿命を伸ばすためにも重要なことです。
今回の「サタデープラス」も
チェックしておきたい健康情報が満載の番組動画になっています。

多くの人が悩みを抱える膝の痛みですが
実は、膝痛を起こしやすい人の歩き方には
特徴があるといいます。

それは、歩く時に膝が伸びていない人ほど
膝痛リスクが高い。

歩くことは日常的に起こる運動です。
毎日の生活で質を意識した歩き方を心掛けることで
将来の健康状態も変わってきます。

私も時々、左膝が痛い時があって
急に痛み出すのですが
膝を曲げた状態で膝関節をさすると
痛いがなくなるというちょっと変わった症状です。

どうも時々、神経を刺激してしまう
何らかの要因が膝にあるようなのです。
なかなか忙しくてまだ病院には行けてないのですが
これから寒い季節になると
どうしても膝が痛みやすくなるので
早めに診察を受けようと考えています。



Sponsored Links









変形性膝関節症

9月19日の「サタデープラス」では
膝の痛みを引き起こす病気について紹介。

膝痛に悩む日本人の数は
なんと2400万人!
その膝痛患者の9割が「変形性膝関節症」だと言われています。
変形性膝関節症とは、膝にある軟骨がすり減ってしまい
膝関節のクッションの役割が効かなくなることで
神経を刺激してしまい痛みが生じる病気です。

中高年に多く見られ病気で
特に50歳以降の女性に多く発症すると言われています。

変形性膝関節症の症状は
初期の段階では、歩きはじめなどの動作開始時に
膝の痛みを感じること多い。
病気が進行すると動作中の痛みを感じるようになります。

たとえば、階段の昇り降りの時に痛みを感じようになります。
特に階段を降りる時に膝痛を生じるのが特徴です。
さらに症状が悪化すると
歩くのが困難になる場合もあります。

変形性膝関節症の症状は
膝痛の他にも次のような特徴があります。

●膝の可動域制限
膝が曲がらない、伸びないということが起こります。
初期には関節に水がたまる関節水腫が起こる場合があります。

●O脚変形
骨の破壊が進んだ時に起こります。

●膝の不安定感
歩く時にグラグラと外側にぐらつきを感じようになります。

●肥満
変形性膝関節症の80%に肥満がみられます。

●関節が太くなる
関節内部に炎症が起こると関節液が溜まりやすくなります。



サタデープラス-9月19日-膝痛-画像

膝痛を起こしやすい歩き方

9月19日放送の「サタデープラス」では
膝痛に悩む人にオススメの歩き方と
誰でも簡単にできるエクササイズ方法を紹介。

膝痛を起こしやすい歩き方は
歩く時に膝が伸びていない人ほど
膝痛リスクが高いと言われています。

膝の健康状態をチェックするには
膝を伸ばして地面に座ります。
膝の裏を床につけた状態でかかとを浮かしてみます。
この時、かかとが浮かない人や
膝が伸びない人は
足裏の筋肉硬化や膝の柔軟性がなくなっている状態です。
そのため、将来、膝痛が起こる可能性があります。

私も膝痛持ちということで
このチェック方法をやってみました。
ちょっとだけならかかとが浮くのですが
膝の柔軟性があるかと言われると怪しいところです。

膝を痛めやすい人の歩き方の特徴は
歩く時に足がしっかり伸びていない。
つまり膝に柔軟性がないということです。

最近、運動不足をなんとかしたいと考えて
週3回のウォーキングを始めたので
質の良い歩き方を意識して
この習慣を続けていきたい。

膝関節のお悩みにはこちらがお勧めです。
『ステラ漢方のグルコサミン』

9月19日放送の「サタデープラス」は
膝痛改善方法を名医が徹底解説!
膝痛解消エクササイズと正しい歩き方を紹介。

サタデープラス 9月19日 膝痛

サタデープラスHP



Sponsored Links









関連する記事