ソレダメ 9月23日 姿勢ストレッチ ハンバーグ

9月23日放送の「ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜」は
美姿力UPストレッチや料理レシピの裏ワザなど
気になる情報が盛りだくさん。

・トンカツは冷たい油で揚げるとウマイ!
・ハンバーグの正しい焼き方は弱火!
・サバ味噌を激ウマにする真空調理法とは?
・しなしな野菜をぬるま湯でシャキッとさせる方法!
・スパゲティの正しい保存法とは?
・肩こり、腰痛、お腹ポッコリに効く!正しい姿勢を作るストレッチ法を紹介!
など、9月23日の「ソレダメ」も
生活に役立てたい情報が満載の番組動画になっています。



Sponsored Links









肉をやわらかくする低温低速調理法とは?

×トンカツを170℃の高温の油でカラッと揚げる。
×ハンバーグを熱いフライパンでジューッと焼く。
これらは、肉を硬くしてしまうソレダメな調理法です。

9月23日放送の「ソレダメ」では
肉料理をやわらかくジューシーに仕上げる
低温加熱の料理法を紹介。

肉を加熱する時に最もうま味成分を引き出す温度は70℃程度と言われています。
低温加熱料理法で重要なポイントは
肉に熱を加えていく速度です。
素材にゆっくり熱を加えていく過程が
肉料理を美味しく作る秘訣です。

では、強火で調理する焼き方はなぜダメなのか?
それは急激に熱が素材に伝わると
肉の細胞が一気に収縮していまい水分も放出してしまう。
さらに、臭みや余分なアクが出きっていない前に
表面が硬くなるので硬くて美味しくない肉料理になっていまいます。

そう考えると、焼き肉屋さんのジュージューと高温で焼く焼き方はどうなのだろう?
確かに、肉がやわらかいと感じたことはないような気がします。
でも、ジュージューと焼いて食べる雰囲気は楽しいと思うけど。



Sponsored Links









低温低速調理法は肉に熱を加える過程が大切です。
たとえば、ハンバーグをフライパンで焼く時でも
焼き始めは、フライパンを火にかける前の冷たい状態から料理開始です。
トンカツも同様に冷たい油の状態から
徐々に加熱して揚げていきます。

9月23日の「ソレダメ」では
低温低速調理法の効果について徹底解説。

肉を加熱すると具体的にどのような変化が起こるのか?

●40~50℃
肉の細胞・細胞膜・筋膜が収縮しはじめる温度

●45~55℃
余分なアク(水分)が放出される温度

●60~75℃
たんぱく質が凝固して旨味成分アミノ酸が増加する温度

●68~80℃
コラーゲンがゼラチンに分解されて柔らかくなる温度

この過程をゆっくり行うことが
ハンバーグを美味しく焼くポイントです。



ソレダメ-9月23日-姿勢ストレッチ-ハンバーグ-画像

美姿力UPストレッチ

9月23日放送の「ソレダメ」では
姿勢の専門家が正しい姿勢の作り方をレクチャーします。
5秒でできるストレッチ法とは?

正しい姿勢を保つことは
見た目が美しいというだけでなく
身体に余計な負担をかけなくて済むので

肩こりや腰痛の症状が緩和されたり
お腹ポッコリのウエストにクビレができたり
脚を引き締めて美脚にしたりと
様々な効果が期待できます。

9月23日放送で紹介されるソレダメ情報は
×下っ腹がでているので腹筋をする
×腰が痛いから腰を揉む
など、これらはよくやりがちが事ですが
身体にとってあまり良くない場合があります。

このようなポッコリお腹と腰痛の改善策として
姿勢の専門家が正しい姿勢の作り方を紹介。

今回の「ソレダメ」では
出演者たちが5秒でできるストレッチ法と
姿勢を美しく保つ歩き方を体験します。

たとえば、5秒キープのウエストのストレッチを行った後に
前屈をすると、体が柔軟に変わっていたり
歩き方でちょっとしたストレッチを行うだけで
美姿力UPにつながるなど
誰でも簡単にできるようなストレッチ方法を紹介。

9月23日の「ソレダメ」で
正しい姿勢の作り方を教える先生の本はこちらです。
↓ ↓ ↓

9月23日放送の「ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜」は
美姿力UPストレッチや低温加熱調理法レシピなど
気になる情報が満載です。

ソレダメ 9月23日 姿勢ストレッチ ハンバーグ

ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜HP



Sponsored Links









関連する記事