ゲンキの時間 10月4日 膝痛

10月4日の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
膝痛改善法を紹介。

膝痛が起こるメカニズムや
膝に水が溜まるって何?という素朴な疑問まで
膝痛にまつわる新常識を名医が解説。



Sponsored Links









10月4日「ゲンキの時間」の番組動画では
膝痛改善のカギとなる正座のやり方や膝痛体操など
意外な健康情報が盛りだくさんです。

ひとくちに膝痛といっても
その症状は、人によって様々です。
膝を曲げると急に痛くなったり
天気が悪いと痛み出したり・・・
中に立ち仕事ではなくデスクワークがメインにもかかわらず
膝を痛めてしまうという方までいます。

今回の「ゲンキの時間」では
膝痛に悩む人たちを街で見付けて
痛みの原因や改善方法を名医が解説していきます。

私も長年の膝痛もちで
左足の膝を曲げると急に痛くなる時があります。
この痛みが不思議なもので
普段は膝を曲げても全く痛くないにもかかわらず
時々、急に痛くなることがあるのです。
まるで膝関節に何か挟まっているような痛みです。

その痛みは、膝を曲げる角度をちょっと変えたり
ゆっくり動かしているうちに解消されます。
こんな経験をしているは私だけだろうか?



Sponsored Links


膝痛が起こるメカニズム

10月4日放送の「ゲンキの時間」では
膝が痛くなるメカニズムについて解説。

膝痛が起こる原因は
大きく分けて2種類あります。

①膝に何からの原因がある場合
②膝以外に原因を抱えている場合

 
①膝に何からの原因がある場合

怪我、損傷、炎症、変性など、膝そのものに何らかの異常がある場合に
膝の痛みや腫れ、水が溜まるなどの症状が起こります。

怪我や損傷は、スポーツで痛めることもあれば
日常生活で転倒するなど
膝をひねってしまうこともあります。

怪我をした時は、それほど酷い症状にならなくても
しばらく経ってから膝痛が起こるということもあります。

膝関節の炎症が原因で起こる症状で
よくみられるのが関節リウマチです。
リウマチは体中の関節に炎症を起こす病気で
悪化すると関節や骨の破壊が生じる場合もあります。

変性が原因で起こる膝痛は
主に加齢がもとで症状が現れるのが一般的です。

膝関節を長年使い続けると
摩耗してしまい膝痛が起こります。

その他にも、生まれつき膝に何らかの異常があるために
痛みが起こる場合もあります。

 
②膝以外に原因を抱えている場合

膝以外の原因として考えれるのは
O脚、X脚、外反母趾などの足の疾患や
肥満、股関節の病気、腰の病気なども
膝の痛みを引き起こす要因になります。



ゲンキの時間-10月4日-膝痛-画像

膝に水が溜める原因

10月4日の「ゲンキの時間」では
膝痛にまつわる疑問として
膝に水が溜める原因について紹介。

膝に水が溜まる原因は主に2種類あります。

①膝内部に炎症がある。
②関節軟骨や半月板に損傷がある。

膝には、もともと2~3mlほどのわずかな水があります。
この水はヒアルロン酸が主成分になっていて
膝関節をなめらかに動かすための潤滑剤の働きがあります。
そのためトローッと粘り気のある液体になっている。

一方、膝の炎症や損傷で溜まった水は
抜いてみると粘り気のない液体で
白血球が多く濁った色をしています。

よく「膝の水を抜くとクセになる」ということを言われますが
水が溜まる原因となる膝の炎症や損傷が
しっかり治っていない状態で
何度も膝の水を抜くことがあるため
クセになると勘違いされているようです。

膝関節の炎症が起こる病気で
リウマチがありますが
膝の水を抜いて、ステロイド剤を注入しても
何度も膝に水が溜まる場合は関節リウマチの可能性を
考える必要があります。

膝関節に必要なヒアルロン酸の生成をサポートするサプリメントはこちらです。
ヒアルログルコ

10月4日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
膝痛が起こるメカニズムや
膝に水が溜まる原因について紹介。

ゲンキの時間 10月4日 膝痛

健康カプセル!ゲンキの時間HP



Sponsored Links









過去に放送された「ゲンキの時間」の記事はこちらをご覧ください。

ゲンキの時間 9月27日 救命救急 AED

ゲンキの時間 9月20日 青魚

ゲンキの時間 9月13日 自律神経を整える方法



Sponsored Links





関連する記事