蕎麦の乾麺の美味しい食べ方!茹で方のコツは茹でる前に水に浸す!

打ちたての蕎麦もいいですが、今回の記事では乾麺蕎麦についてです。

安くて手軽、保存もきく市販の乾麺が、茹で方を工夫することでさらに美味しくなります。

乾麺蕎麦の美味しい食べ方について紹介します。

時間通り茹でても芯が残る・・・茹ですぎてフニャフニャになる・・・こんな失敗を避けるためにも



Sponsored Links









乾麺蕎麦の茹で方のコツ

乾麺蕎麦の美味しい食べ方のコツは、茹で方に注意することです。

ここでは、市販の乾麺蕎麦をワンラックUPさせるための茹で方を紹介します。

 

たっぷりのお湯で茹でる

美味しく乾麺蕎麦を茹でるためには、大きい鍋(直径30cmほど)を使うのポイントです。

大量のお湯で茹でると、麺を入れた時に温度が下がらない。

小さな片手鍋などで少ない量のお湯で茹でると、麺を入れた時にお湯の温度が下がり、最適な茹で時間が分からなくなってしまう。

そのため時間通り茹でても麺の内部まで熱が通らず、芯が残ってしまいます。

大きい鍋を持っていない場合は、麺を入れる量を少なくすれば大丈夫です。

一気に大量の麺を茹でようとはせずに、小さい鍋の場合は、蕎麦1人前(100g)までであればOKです。



蕎麦-乾麺-美味しい-食べ方-茹で方-コツ-水に浸す-画像

茹でる前に乾麺を水に浸す

実は、蕎麦の香りは熱に弱く、茹でるとどんどん飛んでしまう。

蕎麦の香りの元となっているのはヘキサナールという成分です。

乾麺をお湯で茹でる前に茹で時間の半分を水に浸すと、お湯で茹でる時間は残りの半分で済むので、香り成分のがヘキサナール多く残ります。

茹でる前に乾麺を水に浸すと、蕎麦が水分を吸収します。

水に浸した蕎麦をお湯で茹でると、乾麺をそのまま茹でるよりも熱が伝わりやすく、半分の時間でも十分に茹で上がり、美味しい蕎麦に仕上がります。



Sponsored Links


サラダ油を加えて喉越しアップ

市販の乾麺蕎麦を茹でる時に、サラダ油を加えると、喉越しの良いツルッとした食感の麺になります。

加えるサラダ油の量は、1ℓのお湯に対して大さじ1杯程度のサラダ油でOKです。

この裏ワザは、乾麺だけでなく、生麺や茹で麺でも喉越しアップさせることができます。

麺が乾いてくると、小麦粉や片栗粉は、表面がベタベタとしてノリのようになります。

サラダ油を加えることで、麺の表面を油がコーティングしてツルッとした食感になるのです。

また、この食べ方は、麺がサラダ油でコーディングされているので、麺同士がくっつきにくく食べやすい。

 

氷水でしめるとコシがある麺に変わる

乾麺蕎麦が茹で上がったら、流水でしっかり洗ってぬめりを取ります。

その後に氷を入れた冷たい水で麺をしめると、コシのある美味しい蕎麦になります。

ちょっとした一手間で、市販の乾麺蕎麦がモチモチとした食感に変わるのです。



蕎麦-乾麺-美味しい-食べ方-茹で方-コツ-水に浸す-茹で上がり-画像

市販の蕎麦の選び方

スーパーで売っている蕎麦の種類はいろいろあるので、どれを買ったらいいのか悩むこともあると思います。

市販の蕎麦の種類は、乾麺の他にも生麺、茹で麺、冷凍麺などがあります。

蕎麦本来の風味を味わうためには、その商品に含まれる蕎麦粉の割合を確認することが大切です。

蕎麦粉の割合は、パッケージの裏側にある原材料名を見ると分かります。

原材料の明記は、量が多い順番に明記することが決まっているので、原材料名が「蕎麦粉、小麦粉、食塩」の順番で明記されている場合は、小麦粉よりも蕎麦粉の方が多いため、蕎麦本来の風味が楽しめます。

一方、原材料名が「小麦粉、蕎麦粉、食塩」の順番で明記されている場合は、蕎麦粉よりも小麦粉の方が少ないため、蕎麦本来の風味は控えめですが、ツルッとした喉越しが楽しめます。

蕎麦の乾麺の美味しい食べ方!茹で方のコツは茹でる前に水に浸す!



Sponsored Links









おすすめの記事

アーティチョーク葉エキスの効果は毛穴と美白!シナロピクリンがNF-KBの活性化を抑制!

メラトニンとは?効果は睡眠だけじゃない!

洗顔石鹸は固形の半透明タイプがおすすめ!洗顔料の種類と特徴を紹介!

炭酸パックの肌効果や炭酸泉の髪への効能について紹介!

むくみやすい人の特徴と原因!足に水分を溜め込みがちなNG行動と食事に要注意!



Sponsored Links





関連する記事