春先は気温が上がり湿度も上がって、お肌の保湿を怠りがちです。寒い日と暖かい日が繰り返される三寒四温の時期は、お肌のリズムが崩れるたり敏感になりやすい。

さらには、春になると紫外線の数値が上昇し、長時間浴びているお肌にダメージを与えます。

春は風の強い時期でもあります。春風はとても気持ちが良いものですが、風を浴びるとお肌は乾燥してしまいます。また、風に乗って運ばれてきた花粉が原因で肌荒れになる場合もあります。



Sponsored Links









間違ったスキンケア

忙しいとスキンケアが雑になりがちです。しかし、毎日のスキンケアを丁寧にやらないと、それが原因で自らシワを増やしてしまう可能性があります。

特に、目元の笑いジワではなく、口元のほうれい線が濃くなってきた方は、スキンケアを丁寧に行う必要があります。

化粧水を手に取って、肌に馴染ませていく時に注意したいのが、自分の顔の中で重点的に保湿しなくてはいけないどこなのかを、しっかり把握する必要があります。何気なく顔全体に化粧水を塗っているのでは、しっかり保湿しなくてはならない目元や口元の部分にしっかり化粧水がついていないことがあります。



間違ったスキンケア-美肌-画像

また、化粧水を塗る時に、手で叩いたり、お肌を引っ張ったりすることはNGです。特にシワが気になる目元や口元の部分は優しく念入りに保湿していきましょう。

忙しいからといって化粧水のついた手を素早く擦るように塗ってしまうと、額や頬などお肌の高い場所に物理的刺激を与えてしまい、皮膚が自らを守ろうとしてお肌の色が濃くなりくすんでしまうので注意が必要です。

顔の皮膚はとても薄いの基本的には、保湿する際に動かしてはいけません。化粧水を塗る際に手で皮膚を動かし続けたことで、薄いシワができてしまうことがあります。

化粧水はまずは手のひらに均一に伸ばしてから、顔の形に手をフィットさせます。顔のくぼみを意識して化粧水をつけた指を合わせて、しっかり保湿していくことが大切です。



Sponsored Links


美肌は身体の内側から

タンパク質とビタミンCがコラーゲンを作るので、お肌の弾力を強化するためには、これらの摂取が必要です。

さらには、発酵食品は、腸を整えて美容と健康に有益な善玉菌を増やしてくれます。このようなことから、タンパク質が豊富な発酵食品の納豆を食べると良いでしょう。

納豆の栄養は、タンパク質の他にも、脂質、炭水化物(食物繊維+糖質)、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。

納豆に合わせるのは、春の食材の菜の花です。菜の花はビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは水溶性のビタミンなので、茹でると流れ出てしまう。ですから、できれば生のまま刻んで納豆に混ぜて食べると、納豆のタンパク質と菜の花のビタミンCの両方を摂取できます。



間違ったスキンケア-美肌-食べ物-画像

ビタミンは美肌のために重要な栄養素です。ビタミンAは皮膚や粘膜保護を助けます。ビタミンCはコラーゲン生成を促進します。ビタミンEは血行促進に役立ちます。

たとえば、菜の花はビタミンCとビタミンEを含む野菜です。ニンジンにはビタミンAが豊富に含まれています。

また、ビタミンB2もお肌の健康にとって重要な栄養素です。ビタミンB2は皮膚の粘膜を強化してくれます。ビタミンB2は肉類に多く含まれていますが、野菜ではマイタケに含まれています。ニンニクにもビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなど、お肌に良い栄養素が含まれています。

AGE(老化因子)は、生活習慣病などの体に老化を引き起こす生成物です。これは糖質が多い食材を水を使わずに高温調理(揚げる・焼く)すると増加します。AGEを増やさないために、水を使った低温調理を心掛けましょう。



Sponsored Links









おすすめの記事

蕎麦の乾麺の美味しい食べ方!茹で方のコツは茹でる前に水に浸す!

むくみやすい人の特徴と原因!足に水分を溜め込みがちなNG行動と食事に要注意!

手の甲が痛い原因は?(右手の・左手の・血管・腫れ・病気)パソコン作業に要注意!腱鞘炎の症状とは?

炊飯器で美味しいご飯を炊く方法

手足の指の間がかゆい!(湿疹・水ぶくれ・皮がむける・ぶつぶつ)水虫は指の間が狭い人がなりやすい!?



Sponsored Links





関連する記事