豚肉には鼻にツーンとくる獣独特の臭いがあって、人によってはこの臭いが気になるという場合があります。

そもそも、この臭いの原因は何なのか?今回の記事では、豚肉の嫌な臭いを軽減して美味しいいただくための対策を紹介します。

Sponsored Links

豚肉の臭い対策

ドリップによる臭い

ツーンと鼻を突くような豚肉の独特な臭いが苦手で食べられないという人もいます。この臭いの原因は、豚肉が空気に触れたり、温度が変わったりすることで出て来る水分の「ドリップ」です。

ドリップの中には豚肉の栄養成分も含まれていて、微生物が繁殖しやすい状態になっています。その微生物の影響によって嫌な臭いが発生します。ですから、豚肉の臭い対策のためには、できるだけドリップを取り除くのが基本です。

Sponsored Links

豚肉の独特の臭いを軽減させるためには塩を使うことが効果的です。豚肉の表面に一つまみの塩をまんべんなくまぶして、そのまま約5分置きます。すると、豚肉の表面にドリップが浮き出てきます。このドリップをキッチンペーパーで丁寧に拭き取ることで、嫌な臭いを和らげることができるのです。

ドリップを取り除いたら、生姜焼きなどに使うタレになるべく早く豚肉をつけるのがポイントです。タレをつけることで、豚肉が直接空気に触れないようにします。タレをつけた豚肉の上からラップをかけます。その時に豚肉とラップの間に隙間をなくし、空気が入るのを防ぐことが大切です。この状態のまま冷蔵庫で保存すると翌日のお昼頃までは臭いが気にならない状態が保てます。

豚肉-臭い-原因-対策-画像

加熱による臭い

豚肉には、ドリップの影響とは別に、加熱した時にはじめて出る臭いがあるのです。しかも、男性よりも女性の方が加熱による豚肉の臭いを感じやすいと言われています。豚のオスの中には独特のホルモンの臭いが強いものがあります。そしてこの臭いは人によって感じ方が多く変わると言われています。

オスのホルモンの臭いは脂肪の方に移行して臭うので、豚肉を加熱して脂分が揮発すると臭いが発生します。もしも豚肉のオス独特の臭いが気になった場合は、豚肉の脂身を取り除いて食べると、臭いが和らぎます。

その他にも、ローズマリーなどのハーブと一緒に豚肉を調理して臭い対策をしたり、生姜焼きして生姜の香りで緩和させたり、香辛料の効いたカレーに使うということもできます。

Sponsored Links

豚の脂身に含まれる嫌な臭いの量は、国産のオスの豚は去勢されてホルモンが少ない状態になっているので臭いが比較的に臭いが少ない傾向があります。それに比べて外国産の中には去勢されずに飼育されている場合があるので、臭いが多い傾向があります。

豚肉-臭い-原因-対策-焼く-画像

豚肉の冷凍保存方法

スーパーの特売日に大目に豚肉を購入して、冷凍保存しておくということがよくあります。豚肉の臭いを防ぐためには、冷凍保存方法にコツがあります。

まずは、豚肉の表面のドリップをキッチンペーパーで拭き取ります。そして、ラップに豚肉を薄く並べて包んでいきます。さらにアルミホイルで包んでいきます。なるべく空気を入れないようにするのがポイントです。それをジッパー付きの保存袋に入れて冷凍保存します。ここまで手間をかければ2週間保存しても美味しく食べられます。

食べる時はゆっくり時間をかけて解凍すると、豚肉の臭いが出にくいです。できれば冷蔵庫に移してゆっくり解凍する方法が良いのですが、時間がない場合は流水解凍がおすすめです。

Sponsored Links

おすすめの記事

カレーが水っぽいシャバシャバになる原因と対処法

こんにゃくを冷凍すると肉の食感!セラミドの効果で魚料理が美味しくなる!

頭がぼーっとする原因は?(めまい・ストレス・眠い・風邪・吐き気・だるい)風邪薬を飲んで眠くなる理由とは?

冷めた唐揚げをカリカリにする方法

むくみやすい人の特徴と原因!足に水分を溜め込みがちなNG行動と食事に要注意!

Sponsored Links

関連する記事