サタデープラス 10月17日 肌と血管年齢が若返る食べ物

10月17日の「サタデープラス」は
名医が厳選する若返りの食習慣スペシャル!

今回の「サタデープラス」では
2人の名医の食生活に密着取材!



Sponsored Links









1日たった5グラム食べるだけで、がん予防に効果がある食べ物や
健康寿命を延ばすある飲み物など
知っておきたい健康情報が満載の番組動画になっています。

さらに肌年齢と血管年齢が若返る食材や食べ方についても公開。
なんとなくやってしまいがちな、間違った食習慣とは?

その他にも、10月17日放送の「サタデープラス」では
最近、ブームとなっている登山の魅力を紹介。
女性のための初めての山歩き教室など
見どころ盛りだくさんです。


肌年齢と血管年齢の関係

血管の老化は、動脈硬化症を招き
脳梗塞や心筋梗塞などの原因になることはよく知れていますが
命にかかわる重大な病気だけでなく
実は、血管力が衰えると、シミ・たるみ・くすみなどの
肌トラブルの原因にもなるのです。

肌年齢の若返りを考えるならば
エステやスキンケアよりも、まずは血管を若々しく保ち
血液をサラサラにすることが大切です。



Sponsored Links


血流を悪くしていまう要因

・運動不足
・睡眠不足
・冷え症
・活性酸素(紫外線やストレス)
・偏った食事
・塩分の摂り過ぎ
・糖質の摂り過ぎ(お菓子)

これらは、血液の流れを悪くしたり
血管を詰まらせる原因になります。
血液は体の隅々まで栄養を届ける役割を担っています。
それは皮膚も同じことなので
血流が悪くなれば、肌の老化も進んでしまいます。

近年、血管を若々しく保つという話題は
様々なメディアで取り挙げられています。



サタデープラス-10月17日-肌と血管年齢が若返る食べ物-画像

10月17日の「サタデープラス」では
肌と血管年齢が若返る食べ物を紹介されますが
血管年齢が若返る食べ物・飲み物としてよく紹介されているのは次のとおりです。

・お酢
・青魚
・アマニ油、エゴマ油
・クルミ
・葉酸を多く含む食べ物(ニラ、ほうれん草、小松菜など)

お酢に含まれる酢酸は、ドロドロ血液がなる原因の血小板擬集を抑えることで
血液をサラサラにし血流を良くする効果が期待できます。

サバやイワシなどの青魚に含まれるDHA・EPAは
血液をサラサラにする効果があり
アマニ油とエゴマ油に含まれるαリノレン酸は
体内でDHAやEPAに変換されることで
青魚と同じように動脈硬化の予防や血流改善が期待できます。
また、クルミにもαリノレン酸が豊富に含まれています。

血液サラサラ成分EPA・DHAに加えて「DPA」も含まれるサプリメントはこちらです。
EPA10倍のサラサラパワー『DPA』

最近、血液をサラサラにする食材として注目されているのは
ニラ、ほうれん草、小松菜などの葉酸を多く含む食べ物です。

葉酸とはビタミンB群の1種で
動脈硬化に予防し血管年齢を若く保つために重要な栄養素です。
貧血予防にも良いとされています。

実は、動脈硬化を促進している要因は
ホモシステインと言う物質の増加です。
葉酸を摂取することでホンモスシステインを減少させることができるのです。

葉酸を多く含む食べ物は
ニラ、小松菜、ほうれん草、ブロッコリー、枝豆、アスパラガスなどです。

もっと簡単に葉酸を摂取したいという方には
緑茶がお勧めです。
緑茶(玉露)100ccに葉酸150μg含まれています。

ちなみにほうれん草(茹で)100ccに葉酸110μg
緑茶(玉露)の方が多く含まれています。

10月17日放送の「サタデープラス」では
その他にも健康寿命日本一の長野県民に
肌年齢測定装置を使って街角健康診断を行ったり
日本一がんにならない静岡県にむかってその秘密に迫ったりと
気になる話題が満載です。

さらに、空前の登山ブームということで
登山初心者でも楽しめる女性限定の登山教室を紹介。
初心者はどの山が良いか?とか
登山に何を持っていったらいいの?など
疑問を解決しながら登山の魅力を大公開!

サタデープラス 10月17日 肌と血管年齢が若返る食べ物

サタデープラスHP



Sponsored Links









過去に放送された「サタデープラス」の記事はこちらをご覧ください。

サタデープラス 10月10日 認知症健診

サタデープラス 10月3日 ヨーグルト 納豆 スイゼンジノリ

サタデープラス 9月26日 名医が実践する健康法

サタデープラス 9月19日 膝痛



Sponsored Links





関連する記事