主治医が見つかる診療所 10月19日 コレステロール チョコレート効果

10月19日の「主治医が見つかる診療所」は
ゲスト出演者たちが血液検査を実施。
芸能人のコレステロール徹底検査SP!



Sponsored Links









悪玉のLDLコレステロールが高いと問題になるのは
動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞などの
命に関わる重大な病気の原因になることです。

私も今年の健康診断で行った血液検査で
悪玉コレステロール値が高いという結果がでています。
でも、特に肉類が中心の食生活というわけでもなく
野菜も食べている方だと思っていたので自分でも驚きました。
医師による説明によると
3食しっかり食べていないと
悪玉コレステロール値が高くなる傾向があるそうです。
確かに、忙しかったり生活が不規則になっているかもしれない・・・
そんなこともあり今回の「主治医が見つかる診療所」のコレステロール特集は
とても気になる内容です。



Sponsored Links









コレステロールの「善玉」と「悪玉」とは?

10月19日放送の「主治医が見つかる診療所」では
血液中の善玉・悪玉コレステロールについて名医が解説。

コレステロールは
善玉コレステロールと呼ばれる「HDLコレステロール」と
悪玉コレステロールと呼ばれる「LDLコレステロール」があります。

LDLコレステロールは、肝臓に蓄えられたコレステロールを
体全体運ぶ働きがあります。
また、HDLコレステロールは全身の余分なコレステロールを回収し
肝臓に戻す働きがあります。

まるで悪者のように呼ばれるLDLコレステロールですが
実は、善玉と悪玉のバランスが大切なのです。


チョコレートを食べると善玉コレステロールが増える!?

10月19日「主治医が見つかる診療所」の番組動画で
特に気になる内容は
チョコレートを食べると善玉コレステロール値がアップするという話題です。

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには
強力な酸化抑制効果があり
チョコを食べることで善玉HDLコレステロールが増加するだけでなく
悪玉LDLコレステロールの酸化も抑える効果があります。

その他にもチョコレートに含まれるカカオポリフェノールには
血圧を下げる効果や血管内の炎症を軽減させる作用
精神的・肉体的に活動的にする効果などが期待できると言われています。

食べるチョコレートは、カロリーが低く、ポリフェノールの多いものを選んで
1日25g程度食べる習慣が良いとされています。



主治医が見つかる診療所 10月19日 コレステロール 血液検査 画像

悪玉コレステロールが引き起こす病気

10月19日の「主治医が見つかる診療所」では
血液中に悪玉LDLコレステロールが増えることで起こる
重大な病気について紹介。

悪玉LDLコレステロールの増加は
それ自体に自覚症状がなくても
動脈硬化を進行させることで
心筋梗塞や狭心症などの心臓病や
脳梗塞や脳出血などの脳血管の病気のリスクを高めます。

血液中のLDLコレステロールが増え過ぎると
動脈の壁の内部にコレステロールが入り込んで蓄積していきます。
この状態が続くと動脈壁は厚く硬くなり
動脈硬化が進んでいきます。
またHDLコレステロールが少ないことも
余分なコレステロールを回収できないため
LDLコレステロールが溜まる原因になります。

悪玉コレステロールと一緒に注意しなくてはいけないのが
血液中の中性脂肪です。
中性脂肪は、それ自体では動脈硬化の直接的な原因にはなりませんが
中性脂肪増え過ぎると
LDLコレステロールが増加し、HDLコレステロールが減少しやすくなることが分かっています。
つまり、中性脂肪の異常も間接的に動脈硬化を促進することになるのです。

血液中の中性脂肪やコレステロールが気になる方にはこちらをお勧めします。
血中中性脂肪、1日1本続けて約20%低下!?ニッスイのトクホ、イマークS

10月19日の「主治医が見つかる診療所」は
芸能人のコレステロールSP!
ゲスト出演者たちが血液検査を実施!

過去に放送された「主治医が見つかる診療所」の記事はこちらをご覧ください。
主治医が見つかる診療所 9月28日 認知症

主治医が見つかる診療所 10月19日 コレステロール チョコレート効果

主治医が見つかる診療所HP



Sponsored Links









関連する記事