梅雨は肌にダメージを受けやすい季節です。高温多湿の梅雨の時期は、汗がいつまでも蒸発しないので肌がベタベタしてしまう。エアコンの効いた部屋で体が冷え過ぎるとお肌にもよくありません。さらに紫外線のダメージも受けやすい。

ベタベタした肌は、敏感肌の人にとっては湿疹やメーク崩れの原因にもなります。またエアコンによる乾燥肌はひび割れにもつながり、紫外線によるダメージはシミの原因になります。

Sponsored Links

インナードライ対策のスキンケア

肌は水分と油分のバランスが整った状態が快適なので、ベタベタするからといって、サッパリしたお手入ればかりをしてしまうと、皮膚の内部の水分が少なくなります。

足りない水分を油分が補おうとするので、皮膚の表面はベタベタで内部はカサカサのインナードライの状態に陥ってしまいます。

Sponsored Links

インナードライを防ぐためには、まずは保湿が大切です。化粧水を塗った後に手で軽く押さえて顔全体に馴染ませていきましょう。手のひらだけを使うのではなく、指のひらやわらかい部分を使って、口元や目の周りなど、顔のくぼんだ部分にもしっかり保湿していきます。

湿度が高いからといって、肌が潤うわけではありません。むしろ、梅雨の過酷な環境によって肌の内側の水分は失われる傾向にあります。肌ケアの基本は潤いなのでしっかり保湿していきます。

梅雨-肌ケア-ベタベタ-カサカサ-保湿画像

次は美容液を塗っていきますが、肌をゴシゴシ擦るように美容液を塗るのはNGです。美容液をやさしく塗って、肌の内側にとどめることが、梅雨の時期に化粧崩れを防ぐポイントになります。

続いて日焼け止めクリームを塗っていきます。日焼け止めを厚塗りしたい気持ちは分かりますが、薄くても均一に塗ってあれば十分効果を発揮します。

日焼け止めは額から鼻にかけてのTゾーンには薄めに塗るのがポイントです。Tゾーンはもともと皮脂が多く出る部分なので、薄くつけた方が化粧が崩れにくい。

Sponsored Links

食事で体の内側から肌ケア

紫外線が肌に当たると活性酸素が発生します。酸化ストレスに対して、体内で抵抗力をもって守ってくれる栄養は、抗酸化作用の高い成分です。抗酸化作用が高い栄養素は、ビタミンA・C・Eです。

紫外線を受ける過ぎると、体内で大量の活性酸素が発生します。すると肌が酸化し、シワやシミなどの肌トラブルを引き起こす原因になります。

梅雨-肌ケア-ベタベタ-カサカサ-野菜画像

ビタミンAは、皮膚や粘膜保護が期待できる栄養素です。野菜ですとβカロテンというかたちで含まれていますが、トマトやピーマン、ブロッコリー、枝豆などの緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンCは、コラーゲン生成を促進します。イチゴやレモン、じゃがいもなどに含まれています。

ビタミンEは血行を促進する効果が期待できる栄養素です。卵やナッツ類などに含まれています。

また、肌の健康状態を維持するためには、腸内環境を整えることも大切です。納豆やヨーグルトなどの発酵食品を積極的に摂ることも重要です。

Sponsored Links

おすすめの記事

ニラの保存方法(冷蔵庫・冷凍庫)シャキシャキ食感にする炒め方を紹介!

小袋調味料の活用法!焼きそばの粉末ソースや納豆のたれの意外なレシピを紹介!

顔がかゆい原因は?(乾燥・赤い肌荒れ・顔ダニ・更年期・ストレス)春夏秋冬季節の変わり目に要注意!

鮮度の落ちた魚が塩で蘇る!?ハンバーグは塩を入れるタイミングで食感が変わる!

かかとが痛い!(左足の・右足の・歩くと・朝起きると)急にかかとが痛い!足底筋膜炎とは?

Sponsored Links

関連する記事