お風呂上がりに行うトリートメント方法があるのご存知でしょうか?

塗った後に洗い流さない「アウトバストリートメント」です。

空気が乾燥する季節に、髪のパサつきが気になる方におすすめです。

今回の記事では、アウトバストリートメントの使い方や効果について紹介します。

Sponsored Links

パサつき対策!トリートメント方法

冬になると空気の乾燥で、髪の傷みやパサつきが気になる方が多いのではないでしょうか。

そんなお悩みが、いつも家でやっているトリートメントに一工夫するだけで解決できるかもしれません。

まずはシャンプーをし終えたら、トリートメントを使います。

トリートメントの量は、セミロングの場合は、500円玉1枚分を手のひらに出して、これを両手の平でよく伸ばし、髪の毛先から塗っていきます。

毛先の方が傷みがあるので、初めは毛先中心につけて、その後に残ったもので上の方から塗ります。

上の方は、少し指を広げて、ざっくりと通していきます。

Sponsored Links

そして、クシ(目の粗いもの)を使って、優しく毛先の方をとかしていきます。

多くの人が手グシでトリートメントするところを、クシをしっかりと通すことで、まんべんなく全体的にいきわたります。

髪全体にゆっくりとクシを通すことがポイントです。

さらにより効果を得るためには、すぐに洗い流さずに、5分間ほど置くと成分がより浸透します。

5分経ったらよく洗い流します。トリートメントが残ると頭皮の毛穴が詰まり、薄毛の原因になるのでしっかりと流しましょう。

ここまではお風呂の中でのトリートメントの話ですが、お風呂から出た後もやっておきたいことがあります。

アウトバストリートメント-使い方-効果-パサつき-画像

アウトバストリートメント

アウトバストリートメントを使うことによって、熱から髪を守ったり、髪が艶やかになったりします。

アウトバストリートメントは、洗い流さないトリートメントとして販売されているものです。

使用量は商品によって様々ですが、使い方は通常のトリートメントと同様に手グシで髪に塗ってから、クシを使い均等に生き渡らせます。

Sponsored Links

アウトバストリートメントをやっている人とやっていない人では、髪のツヤや普段のパサつきなどが全然違ってきます。

最後は、髪をドライヤーで乾かして完成です。指通りがよくなるのでドライヤーもしやすくなります。

アウトバストリートメント-使い方-効果-パサつき-風呂-画像

お風呂の中と外でトリートメントの役割が違う

お風呂の中と外でトリートメントの役割が違います。

お風呂の中のトリートメントは、髪の栄養補給が目的で、髪の毛の中に栄養を入れていくものが多い。

お風呂から出てから行うアウトバストリートメントは、髪のツヤなどの見た目を美しくすることが目的です。

髪をコーティングして静電気を抑えたり、指通りをよくするものが多い。

アウトバストリートメントは、髪に全く栄養が入らないわけではありませんが、髪のパサつきが気になる方は、まずはお風呂の中での通常のトリートメントを行うことが重要です。

髪の毛の中に栄養を浸透させるのが目的なので、トリートメントをつけたら5分ほど置くことが大切です。

アウトバストリートメントは、お風呂から出て、髪が濡れているうちに塗り、髪全体にまんべんなく伸ばすことが重要です。

髪全体につけることで、髪がコーティングされるので、ドライヤーがかけやすくなるばかりか見た目も艶やかになります。

Sponsored Links

おすすめの記事

ミネラルウォーターの選び方!おすすめの水を紹介!

おからパウダーを食べるタイミング!ヨーグルトやコーヒーのアレンジ方法!

更年期の過ごし方!40代・50代女性の更年期の症状にはエクオール!

モッツァレラチーズの「アリゴ」とカマンベールチーズの「アヒージョ」の作り方

たくさん寝ても体がだるい・疲れが取れない原因とは?長引くストレス・疲労感には病気が潜んでいる場合も!?
Sponsored Links