今でしょ講座 がん検査 みそ汁 10月27日

10月27日の「今でしょ講座」は
5大がん検診・歩く・味噌汁をテーマに
身体に良い事を徹底的な学ぶ秋の健康スペシャル!



Sponsored Links









10月27日「今でしょ講座」の番組内容は

●がん検診
胃がん、肺がん、大腸がん、肺がん、前立腺がんなど
患者数の多いがん検診を体験取材!
名医が薦めるがん検査とは?

●味噌汁の具材ランキング
名医が選らぶ身体に良い味噌汁の具第1位とは?
その効能・効果の解説を含め順位結果を大公開!

●歩く
知らないとコワイ!病気を招く間違った歩き方とは?
ダイエットに良い歩き方とは?
名医が薦める正しい姿勢の歩き方を紹介。

など、10月27日の「今でしょ講座」も
知っておきたい健康情報が満載の番組動画になっています。

今回の「今でしょ講座」で最も気になる内容は
「がん検診」についてです。
番組では様々な内容のがん検診を体験取材しますが
中でもチェックしておきたいのが「胃がん」検査です。

胃がんは早期発見できれば治療が可能ですが
ガンによって命を落とす病気として
第2位の位置を占めている。

胃がん検査には
バリウムを飲む胃X線検査と胃カメラを入れる胃内視鏡検査の2つがあります。

私も今年、マズ過ぎるバリウムを飲んで
ゲップを我慢しながら胃X線検査を受けてきました。

でも結局は、X線検査で異常が見付かれば
精密検査として内視鏡検査も受けることになるのです。

それでは初めから胃の内視鏡検査を受けることを
考えてもいいのではないのか?
というわけで、10月27日放送の「今でしょ講座」で
胃がん検査が気になるなるわけですけど
番組で紹介するのは、鼻から胃カメラを入れる最新の胃がん検査です。



Sponsored Links


鼻から胃カメラを入れる内視鏡検査

従来の内視鏡検査は、口から胃カメラを入れる方法が一般的ですが
小型カメラの開発により鼻から胃カメラを入れる検査が広がってきています。

鼻から胃カメラを入れる「経鼻内視鏡検査」の特徴は
口から入れる検査方法よりも
体にかかる負担が少ないということが言えます。

まず、口から入れる胃カメラは直径9.6mm
鼻から入れる胃カメラは直径5.9mm
カメラの自体が小さく管が柔らかいので
異物感はあるものの痛みや苦しみはほとんどないと言われています。

口からカメラを入れた時に辛いのが
舌の根元の部分に胃カメラが触れると「オエッ」と吐き気がしてしまうことですが
鼻から胃カメラを入れた場合は
舌の根元の部分に胃カメラが触れにくいため
吐き気はほとんど起こらない。
観察時間は5、6分程度の短時間終わります。

さらに、麻酔に使用する薬も少なくて済むので
検査終了後、30~60分程度で食事ができることから
体の負担はとても少ない。



今でしょ講座-がん検査-みそ汁-10月27日-画像

経鼻内視鏡検査の進め方

10月27日の「今でしょ講座」では
実際に鼻から内視鏡を入れて体験取材をしますが
ここでは、この検査の簡単な流れを紹介します。

●問診
薬のアレルギーや飲んでいる薬、鼻の状態など
検査の危険を避けるために事前チェックします。
検査前日は、午後9時以降は飲食禁止、飲み水はOK

●消泡剤を飲む
胃の壁をきれいにするため。

●鼻腔に血管収縮剤をスプレーする
鼻腔粘膜の血管を収縮させ出血しにくくする。

●鼻腔に麻酔薬を注入する
局所麻酔を行う。

●麻酔薬を塗ったチューブを鼻腔に挿入
内視鏡と同じ太さのチューブを使う。

●鼻腔に内視鏡を挿入
先にチューブを挿入しているので
ほとんど痛みを感じることはない。

●胃の中を観察
食道、胃、十二指腸の順番に観察していきます。

●検査終了
約30~60分で水も飲めるし食事もできます。

鼻から胃カメラを入れる経鼻内視鏡検査の最大の利点は
検査中に口が自由になっていることです。
医師との会話ができるので安心できることと
モニターで自分の目でも様子を確認できるので
検査中に医師に質問もできます。

10月27日の「今でしょ講座」は
5大がん検診・味噌汁・歩くをテーマに
今知っておきたい健康情報を大公開!

今でしょ講座 がん検査 みそ汁 10月27日

今でしょ講座HP



Sponsored Links









過去に放送された「今でしょ講座」の記事はこちらです。

今でしょ講座 秋野菜 10月6日

今でしょ講座 カレー 餃子 炊き込みご飯



Sponsored Links





関連する記事