駆け込みドクター 11月1日 筋肉

11月1日の「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」は
筋肉の衰えと関係する病気について紹介!



Sponsored Links









11月1日「駆け込みドクター」の番組内容は

●筋肉にまつわる新常識
 食事制限のダイエット法を3ヶ月間続けると5年分の筋肉が減る!?
 運動を2週間休むと筋力が50歳老化!?
 耳を塞いだ時に「ゴー」と聞こえる音の正体とは?
 筋トレ後に食べると良いのは、生卵?ゆで卵?

●筋肉と病気の関係
 筋力低下すると風邪をひきやすくなる!?
 冷え性を改善するために鍛える筋肉とは?
 筋力不足が引き起こす病気とは?

●体に良い筋肉トレーニング
 スロージョギングの効果
 肩こり改善の筋トレ

●筋肉と姿勢の関係
 良い姿勢は病気予防の役立つ!
 筋力不足は悪い姿勢の原因!
 姿勢改善のストレッチ

●サルコペニアとは?
 サルコペニアによる筋肉減少をチェック!
 サルコペニア予防のトレーニング

など、11月1日の「駆け込みドクター」も
日々の健康維持に役立つ情報が満載の番組動画になっています。

なかでも気になるのは
「スロージョギング」と「サルコペニア」です。
今回の記事では、この2つについて紹介します。



Sponsored Links


スロージョギングの効果

スロージョギングとは、通常のジョギングのペースよりも
ウォーキングに近いゆっくりとしたペースで走る方法です。
無理なく続けやすいのが特徴です。

ゆっくりと走ることで
持久力に富んだ筋肉「遅筋」を鍛えるトレーニングになります。

スロージョギングの消費エネルギーは
ウォーキングと比較すると1.6倍も多い。
さらに基礎体力がつくので疲れにくい体になります。

スロージョギングを行うことで
脂肪燃焼、コレステロールの減少、免疫力アップ、血糖値の低下などの
効果が期待できます。
無理なく軽い運動を続けることで
生活習慣病の予防ができ
また、免疫力を高めることでガン予防に役立つと考えられています。

11月1日放送の「駆け込みドクター」では
スロージョギングに行っているゲスト出演者の生活に密着取材!
はたしてその効果とは?



駆け込みドクター-11月1日-筋肉-画像

サルコペニアが引き起こす病気

サルコペニアとは、加齢性筋肉減弱症という病気で
年齢を重ねるごとに筋肉量が少なくなり
それに伴い体の様々な機能が低下する症状です。

特に気になるのは
サルコペニアが原因で肥満になる症状です。
サルコペニア肥満になると高血圧症になるリスクが高まり
健康な人と比較して男性は1.7倍、女性は2.3倍になるという調査結果があります。

高血圧が進むと様々な合併症を引き起こす原因になります。

 
●脳の合併症

脳血管が詰まったり、破裂したりすることで
脳梗塞やくも膜下出血などの命に関わる
深刻な病気が起こる危険性があります。

 
●心臓の合併症

心臓への血管が狭くなり血流が悪くなることで
心臓肥大⇒狭心症⇒心筋梗塞と病気が進む恐れがあります。

 
●腎臓の合併症

血圧が上がると腎機能の低下を招きます。
腎臓の機能が弱まると、さらに血圧を上昇するという悪循環が起こります。
その結果、腎硬化症⇒腎不全⇒腎不全へと病気が進行する恐れがあります。

高血圧は、全身の様々部位の血管を硬く脆くします。
そのため動脈硬化を招き、心臓や脳、腎臓などの重大な病気を引き起こす要因になるのです。
また、高血圧の人は、糖尿病リスクが高まるとも言われています。

このように筋肉量の低下は
血管・血液に関係する疾患を招き
様々な病気を引き起こす原因になります。
しかしほとんど場合が初期症状がないため
体調不良を自覚する頃には、病気が進行している場合が多い。
そのためにも病気の予防が大切です。

血液中の中性脂肪やコレステロールが気になる方には、こちらをお勧めします。
血中中性脂肪、1日1本続けて約20%低下!?ニッスイのトクホ、イマークS

11月1日放送の「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」は
筋肉の衰えが招く様々な体の不調について徹底解説。

駆け込みドクター 11月1日 筋肉

駆け込みドクター!運命を変える健康診断HP



Sponsored Links









過去に放送された「駆け込みドクター」の記事はこちらです。

駆け込みドクター 10月25日 うつ病

駆け込みドクター 10月18日 血管・血液

駆け込みドクター 9月13日 胃 食道



Sponsored Links





関連する記事