駆け込みドクター 11月8日 アルツハイマー病

11月8日の「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」は
アルツハイマー病を特集。
認知症と闘う日本の最新事情を紹介。



Sponsored Links









11月8日「駆け込みドクター」の番組内容は

●アルツハイマー病と関係する生活習慣
 認知症の発症リスクが5分の1になる生活習慣とは?
 食前に10分するだけで認知症予防になる事とは?
 ○○が遅くなることは認知症のサイン!?

●アルツハイマー病とはどんな病気?
 10年後には患者数が700万人超え!?
 場所や日付が分からなくなる失見当識とは?
 認知症になると漢字がかけなくなる?

●認知症と感覚神経の関係
 疲れ知らずは認知症のサイン!?
 認知症になると鈍くなる感覚神経とは?
 家庭でも簡単にできる感覚神経チェック法を紹介。

●脳を健康的に保つためには?
 高齢になっても脳細胞は増えるってホント!?
 脳細胞を増やす生活習慣とは?
 簡単にできる脳細胞を増やす体操を紹介。

●最新の認知症治療
 動物との触れ合いがもたらす治療効果とは?
 昭和の街を再現して脳を活性化

など、11月8日の「駆け込みドクター」も
知っておきたい健康情報が満載の番組動画になっています。



Sponsored Links


年をとっても脳細胞は増える?

最先端脳科学の研究によると
年をとると脳細胞が減るという通説は誤りだと言われています。

年をとっても脳は常に回路を組み直していて
日々、変化していくもので
脳の使い方次第では、年をとっても脳回路を充実させることは
可能であると言われています。

とはいえ、年齢を重ねると
どうしても物忘れが増えてくるのも事実です。

しかし、物忘れの原因は、脳細胞が減ることではなく
脳細胞と脳細胞の間を飛び交う信号のスピードが落ちることが関係しています。
これは同じ脳回路ばかりを使う人に起こりやすい。
脳細胞を若々しく保つためには
違う脳回路をつかったり、新しい回路をつくったりする必要があります。

11月8日放送の「駆け込みドクター」では
脳を若く保ちアルツハイマー病を予防する生活習慣を紹介。
脳細胞を元気にするには、映画や本で感動したり
自分なりの新しい目標にチャレンジしたりと
脳細胞に刺激を与えること大切です。

その他にも番組では
動物と触れ合うことで脳を活性化させ
アルツハイマー病を予防する方法や
懐かしの昭和の街並みを再現して
気持ちをタイムスリップさせることで脳を活性化させる事など
世界が注目する日本の最新治療法を紹介。



駆け込みドクター-11月8日-アルツハイマー病-画像

「疲れ知らず」は認知症のサイン!?

認知症の症状で、ひたすら疲れ知らずに徘徊をつづけることがあります。
これは、体が疲れていないのではなく
疲れを意識できないため、どこまでも徘徊していまう。

健康な人では、意識された疲れは休養に繋がりますが
認知症患者は、疲れを意識できないため
気持ちのイライラや不眠につながってしまう。

アルツハイマー病の症状については
初期症状では、記憶障害が起こります。
・質問を繰り返すようになる
・使い慣れた道を迷う
・判断力の低下
・物をなくす

さらに病気が進行すると
言語や感覚処理などを司る脳の領域に障害がおこる。
・家族や友人を認識しにくくなる
・自分で服を着替えることが困難になる
・新しいことを覚えることができない
・衝動的行動を繰り返す

アルツハイマー型認知症がもっと酷くなると
他人とコミュニケーションをとることができなくなり
最終的には身体機能も低下し、寝たきりの生活になる場合もあります。
・コミュニケーション能力の喪失
・痙攣発作
・うめき声をあげる
・排尿・排便障害

認知機能の低下を緩和する成分として注目の
「プラズマローゲン」が配合されたサプリメントはこちらです。
認知症の不安に高純度「プラズマローゲン」サプリメント

11月8日放送の「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」は
アルツハイマー型認知症について特集。

駆け込みドクター 11月8日 アルツハイマー病

駆け込みドクター!運命を変える健康診断HP



Sponsored Links









過去に放送された「駆け込みドクター」の記事はこちらです。

駆け込みドクター 11月1日 筋肉

駆け込みドクター 10月25日 うつ病

駆け込みドクター 10月18日 血管・血液

駆け込みドクター 9月13日 胃 食道



Sponsored Links





関連する記事