ためしてガッテン 動脈硬化 11月11日

11月11日の「ためしてガッテン」は
食後の眠気と動脈硬化の関係について紹介。



Sponsored Links









誰もが経験する食後の眠気だが
実は、ある強い眠気が動脈硬化のサインだと言う。

食事をした後は、胃腸の働きを活発にするために
胃腸に血液があつまります。
そのため脳に送られる血液が少なくなるため
一時的に眠気が起こります。

通常は、すぐに体が対応して
速やかに脳に血液を送りますが
動脈硬化になると血管が狭く詰まりやすくなっているため
スムーズに血流が改善されないことがあるのです。

その他にも11月11日「ためしてガッテン」の番組動画では
動脈硬化になると体のある場所から不思議な音が聞こえるという情報や
ある場所の長さを調べることによって
動脈硬化の見極めることができるという内容など
気になる健康情報が満載です。

動脈硬化は、脳卒中や心筋梗塞など
命に関わる重大な病気の原因になります。
重要な問題にもかかわらず、動脈硬化による自覚症状はほとんどありません。
身体の些細な変化を察知して
動脈硬化の進行を食い止めるためには
日々の生活習慣の改善が大切になってきます。



Sponsored Links


動脈硬化の原因

動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまり
血管壁が厚くなったり、硬くなることで
血流が悪くなる状態のことを言います。

危険因子と考えられているのは
コレステロールや中性脂肪の過剰摂取による脂質異常症や
糖尿病、高血圧など挙げられます。

中でもコレステロールの影響が多く
偏った食事や運動不足が関係していると言われてます。

中性脂肪は、それ自体が動脈硬化の要因になるわけではなく
中性脂肪が増えることで悪玉コレステロールを増加させるため
間接的に動脈硬化を進行させてしまうことになります。

血液中のコレステロールや中性脂肪が気になる方には、こちらをお勧めします。
血中中性脂肪、1日1本続けて約20%低下!?ニッスイのトクホ、イマークS

11月11日放送の「ためしてガッテン」では
動脈硬化によりボロボロになった血管を模型を使って解説。
食後の眠気と動脈硬化の関係について紹介。

食後の眠気と動脈硬化の関係は
食べ物を消化吸収するために
一時的に胃腸に血液が集まることが影響しています。



ためしてガッテン 動脈硬化 11月11日 画像

見た目で分かる動脈硬化のサイン

11月11日の「ためしてガッテン」では
身体のある場所の長さを測るだけで
動脈硬化リスクを見極める裏ワザを紹介しますが
実は、見た目でも動脈硬化の兆候が分かる方法もいくつかあります。

 
●耳たぶのシワ

耳たぶには細かい毛細血管が多くあって
動脈硬化が進行して血流が悪くなると
末端の毛細血管にまで栄養が行き渡らなくなり
耳たぶの脂肪部分が縮むことでシワができると言われています。

耳たぶのシワの原因は、老化による場合もありますが
動脈硬化による疾患の兆候である可能性も考えられています。

 
●アキレス腱が太い

アキレス腱が太い人は、遺伝的に悪玉コレステロールが溜まりやすい
家族性高コレステロール血症という病気の可能性があると言われています。
家族性高コレステロール血症の場合、生活習慣を改善しても
なかなか悪玉コレステロール値が下がらないと言われています。

 
●眼瞼黄色腫

眼瞼黄色腫は、目頭にできる黄色いしこりのことを言います。
コレステロールの多い食事を長年続けていると
コレステロールが血管内だけでなく、皮膚にも溜まるようになり
黄色いしこり(眼瞼黄色腫)となっていろいろな場所の皮膚が盛り上がってきます。
特に目頭や肘に症状がでやすいと言われています。

耳たぶ、アキレス腱、目頭のこれらの症状は
あくまで可能性の問題で
必ずしも動脈硬化が進行しているとは限らない。

11月11日放送の「ためしてガッテン」は
食後の眠気と動脈硬化の関係や
動脈硬化の兆候となる身体の変化について紹介。

ためしてガッテン 動脈硬化 11月11日

ためしてガッテンHP



Sponsored Links









過去に放送された「ためしてガッテン」の記事はこちらをご覧ください。

ためしてガッテン コーヒー 11月4日

ためしてガッテン 長寿ホルモン 10月28日

ためしてガッテン なめこ 10月21日

ためしてガッテン 頭痛 10月14日

ためしてガッテン サンマ 10月7日



Sponsored Links





関連する記事