サタデープラス 11月14日 老化を数値化できる人間ドック

11月14日の「サタデープラス」では
老化を数値化する最新の人間ドックを紹介。
骨、血管の検査や、老化するスピードの目安となる
身体の酸化度をチェックします。



Sponsored Links









さらには、今回の番組動画では
最先端のうつ病検査も公開。
その意外な検査方法とは?

11月14日放送の「サタデープラス」では
80年代トップアイドルだったゲスト出演者が
30年経った今、人間ドックで身体の老化度をチェックするという内容です。

老化については
前々週に放送された「サタデープラス」で
AGE(終末糖化産物)という老化物質が体内に蓄積されることで
「体がコゲる」状態になり
老化がすすんでしまうという内容が紹介されます。



Sponsored Links


老化物質AGEとは、タンパク質と糖が加熱されてできた物質で
たとえば、パン(糖)と牛肉(タンパク質)を加熱してできているハンバーガーを
頻繁に食べていると老化を早めてしまいます。

小麦粉(糖)と牛乳と卵(タンパク質)を生地にして焼いた
ホットケーキなども老化物質AGEが含まれているといえます。

老化物質AGEについて書いた「サタデープラス」の記事はこちらです。
サタデープラス 10月31日 老化物質AGE


人間ドックで分かる老化リスク

11月14日の「サタデープラス」では
人間ドックによって分かる老化について紹介。

最近では、体内の老化度をチェックする
アンチエイジング(抗加齢)ドックというものがあります。
通常の人間ドックは、病気の早期発見・早期治療を目的として行うものですが
この抗加齢ドックは、血液検査と尿検査により成分を調べて
身体に何が不足しているのかを知る検査になっています。

自分の身体にどのような栄養素が必要なのかを知ることは
日々の健康維持にとても役立つものです。
この抗加齢ドックは、一般的な内容の健診と一緒に受けることで
生活習慣病やガンなどの早期発見にもつながります。

老化に関係する検査項目は次のとおりです。

「DHEA-s」・・・老化の指標と言われるものです。
「8OHdG」・・・身体の酸化度の目安になります。
「ホモシステイン」・・・数値が高いと動脈硬化の疑いがあります。
「NK細胞」・・・免疫力に関係する数値です。強いストレスにより低下sる。

11月14日放送の「サタデープラス」では
うつ病検査も行いますが
血液中の「E2(エストラジオール)」と「フリーテストステロン」の
数値が低い場合は、うつ病などの更年期障害がある可能性が指摘されます。



サタデープラス-11月14日-老化を数値化できる人間ドック-画像

血液検査によるうつ病検診

これまでうつ病診断には
チェックリストや問診などが行われてきましたが
どうしても客観的な判断基準がないため
適切な治療ができないケースが多かった。

しかし最新の研究により
血液中のPEA(リン酸エタノールアミン)の濃度を調べることで
うつ病であるかを判断できる可能性が見えてきました。

PEA(リン酸エタノールアミン)とは
リン酸アナンダミドが分解されてできる神経物質の一種です。
脳から血液中に放出されたPEAが減少すると
血しょうPEA濃度が下がります。
この状態はうつ病を示すことになります。

憂鬱やイライラには
脳内物質の中の1つであるセロトニンの減少が
原因になっている場合があります。
不眠、ストレス、うつ病、自律神経失調症、更年期障害などには
セロトニンを補うためサプリメントをお勧めします。
メンタルサプリ専門店のセロトニン対策サプリ

11月14日放送の「サタデープラス」では
人間ドックを受けることで分かる老化について紹介。
骨や血管の老化スピードは
身体の酸化度を調べるすることで診断。

サタデープラス 11月14日 老化を数値化できる人間ドック

サタデープラスHP



Sponsored Links









過去に放送された「サタデープラス」の記事はこちらをご覧ください。

サタデープラス 11月7日 認知症検査

サタデープラス 10月24日 名医の健康法

サタデープラス 10月17日 肌と血管年齢が若返る食べ物

サタデープラス 10月10日 認知症健診

サタデープラス 10月3日 ヨーグルト 納豆 スイゼンジノリ



Sponsored Links





関連する記事