ゲンキの時間 腰痛 11月15日

11月15日の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
タイプ別腰痛改善法を紹介。



Sponsored Links









腰痛のタイプは、反る時に腰が痛い、かがむ時に腰が痛いなど様々です。
私も腰痛持ちで長年の悩まされているのですが
長時間、座った後に立ち上がる腰が痛くなるのです。
もう腰周りの筋肉も硬くなっていて
マッサージをしてもなかなかほぐれないという状態です。

11月15日「ゲンキの時間」の番組動画では
街で見つけた腰痛に悩まされている人達を
腰痛界のゴッドハンドと呼ばれる名医が
それぞれの腰痛改善法を紹介します。

長時間、中腰の状態で腰を曲げて作業する農家の人や
立ち仕事のそば打ち職人など
それぞれの症状に合わせて腰痛改善ストレッチ方法をレクチャーします。
今回の「ゲンキの時間」では
腰痛のタイプ別に改善方法を紹介していきますが
なかに私の症状に当てはまるものもあるので
しっかりチェックして役立てたい。



Sponsored Links


腰痛改善ストレッチ

11月15日放送の「ゲンキの時間」では
腰痛界のゴッドハンドと呼ばれる名医が街に繰り出し
街の人に腰痛改善ストレッチを伝授する。

ここでは、誰でも簡単にできる
腰痛改善ストレッチ法を2つ紹介します。

 
●膝抱え込みストレッチ

①ベッドや布団の上など
 腰に負担のかからない柔らかいもの上に仰向けにねる。

②両手で両膝を抱える。

③両膝が胸につくようなイメージで引き寄せる。

 
●片足上げストレッチ

①立った状態から片足だけベッド上などの
 段差のある高い場所にのせる。

②そのまま膝を胸につけるイメージで前に重心を傾ける。

③この動作を左右行う。

腰痛改善ストレッチは、無理をせずに行うようにしてください。
腰に強い痛みのある状態で無理にストレッチを行うと
悪化させてしまうこともあるので注意。

片足上げストレッチは、仰向けに寝た状態で
片足ずつ胸に引き寄せる方法でもできます。
その時は、必ず、ベッドや布団の上など
腰の骨に負担をかけない状態で行うようにしましょう。

私もよくお風呂上がりにベッドの上で
膝抱え込みストレッチを行うことがあります。

私の場合は、椎間板ヘルニアの疑いがあるので
骨と骨の間にある椎間板が後に出っ張って
神経を圧迫刺激している恐れがあります。
そのため、腰痛の他に足のしびれも時々起こる。



ゲンキの時間-腰痛-11月15日-画像

腰痛と脳の関係

11月15日の「ゲンキの時間」では
腰痛と脳の意外な関係について紹介。

これまで腰痛の85%は、原因不明と言われてきましたが
近年の研究によると腰痛に脳の働きが関係しているということが分かってきました。

慢性腰痛のなかには、心因性が関係して痛みが現れている場合があるという理論です。
ネガティブな感情によって痛みが生じる。

痛みは脳が患部からの情報をキャッチすることで感じます。
時には、患部の損傷が治っているにも関わらず
患部からの痛みの電気信号を脳が受け続けて慢性的な痛みを感じてる場合がある。

痛みが慢性化するメカニズムは
まず患部に痛みを感じると脳と神経が緊張状態になり
交感神経が優位に働くと患部の血管を収縮させます。
その結果、患部の血流が悪くなり、細胞に酸素や栄養が送られなくなります。
患部が酸素不足になると発痛物質が発生して
痛みの電気信号を脳に送る。
そしてまた痛みを感じることで悪循環が起こる。

ただし、それぞれの腰の痛みが
「身体的なもの」なのか?「心因性のもの」なのか?
という判断は明確に区別できるものではないので
心因性の腰痛が全ての慢性腰痛に当てはまることではありません。

11月15日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
腰痛界のゴッドハンドと呼ばれる名医が
街の人が悩む腰痛のタイプ別に改善法を紹介します。

ゲンキの時間 腰痛 11月15日

健康カプセル!ゲンキの時間HP



Sponsored Links









過去に放送された「ゲンキの時間」の記事はこちらをご覧ください。

ゲンキの時間 11月8日 糖尿病 血糖値

ゲンキの時間 11月1日 街ぶら健康企画 日光編

ゲンキの時間 10月25日 頻尿 尿漏れ 前立腺がん

ゲンキの時間 10月18日 白髪 薄毛

ゲンキの時間 10月11日 眼科ドック



Sponsored Links





関連する記事