サタデープラス 12月5日 すんき漬け 赤カブ

12月5日の「サタデープラス」は
長寿日本一の長野県で食べられている
スーパーフード「すんき漬け」を紹介。



Sponsored Links









すんき漬けとは、長野県木曽地方に古くから伝わる
伝統的な発酵食品です。

すんき漬けは、長野県南部の木曽地方にある
御嶽山の麓、寒暖差の激しいこの場所でしか作れないという
赤カブを使用して、カブの葉に
前年度のすんき漬けを乳酸菌の種につかって発酵させて作られます。
すんき漬けを作る際に塩は全く使わない。
日本で唯一の漬物として有名です。

12月5日「サタデープラス」の番組動画では
スーパーフード「すんき漬け」の健康・美容効果について公開。



Sponsored Links


すんき漬けの健康・美容効果

すんき漬けの効能・効果で最も注目したいのが
腸の働きを整える効果です。

すんき漬けには、乳酸菌と食物繊維が豊富に含まれています。
乳酸菌などの善玉菌は食物繊維をエネルギー源として活発に働きます。
腸内環境が整うことで便秘解消にも役立ちます。

腸は体の中で免疫細胞が集まった器官です。
腸内で善玉菌が増えることで活発化すると
免疫力もアップしウイルス感染やアレルギー作用の軽減が期待できます。

また、乳酸菌には、発がん物質の除去や
ピロリ菌の抑制などがあると考えらえています。

すんき漬けの特徴は、塩を一切使っていないということです。
塩を全く使用していないため
栄養成分がそのまま保存されています。
優れた保存食であると言える。
塩分が気になる高血圧の方にもよい食べ物です。

12月5日放送の「サタデープラス」では
すんき漬けに含まれる乳酸菌について解説。

すんき漬けに使わる「すんき菌」という独特の乳酸菌は
御嶽山麓の火山灰地で育つ赤カブにしか存在しないと言われています。

原料となる赤カブ自体に健康効果があり
カブにはもともと繊維質が豊富なため
お通じをよくして便秘を予防したり
腸内環境が整うことで美肌効果や免疫力アップ効果が期待できます。
カブには、動脈硬化の危険因子である血圧上昇を抑える効果もあります。

乳酸菌が含まれる食品でよく知られているのはヨーグルトですが
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は動物性のもので
すんき漬けに含まれる乳酸菌は植物性のものです。
動物性の乳酸菌に比べて、植物性の乳酸菌のほうが
生きたまま腸に届きやすいと言われています。
すんき漬けには植物性の乳酸菌が20種類以上も含まれています。



サタデープラス-12月5日-すんき漬け-赤カブ-画像

すんき漬けにはいろいろな食べ方がある

12月5日の「サタデープラス」では
脅威のスーパーフードすんき漬けの食べ方にもついても公開。

すんき漬けは、そんまま漬物で食べても美味しいですが
他にもいろいろな食べ方があります。

漬物で食べる時は、長野県ではすんき漬けに
かつお節をのせて醤油をかけて食べている。

すんき漬けを温かい蕎麦にいれて
「すんきそば」にして食べたり
お味噌汁にいれて食べたりというのは
地元では一般的な食べ方のようです。

その他にも、すんき漬けをピザにいれたり
カレーにいれたり、サラダのドレッシングに入れたりと
料理の材料として様々な使い方をされています。

長野県 木曽地方の伝統食「すんき漬け」はこちらです。
↓ ↓ ↓

12月5日放送の「サタデープラス」は
長寿で有名な長野県で食べられている
スーパーフード「すんき漬け」を大公開。

サタデープラス 12月5日 すんき漬け 赤カブ

サタデープラスHP



Sponsored Links









過去に放送された「サタデープラス」の記事はこちらをご覧ください。

サタデープラス 11月28日 冬の入浴法 冬野菜鍋

サタデープラス 11月21日 美肌 万能調味料 歯周病

サタデープラス 11月14日 老化を数値化できる人間ドック

サタデープラス 11月7日 認知症検査

サタデープラス 10月24日 名医の健康法



Sponsored Links





関連する記事