ためしてガッテン ミトコンドリアを増やす方法 8月26日

8月26日放送の「ためしてガッテン」は
疲れにくい体作りのカギとなる細胞内の「ミトコンドリア」の働きについて紹介。

年齢を重ねるたび
体力ががなくなってきた・・・
仕事をやっていても昔より無理がきかなくなってきた・・・
そんなことが40歳を過ぎると
誰もが自覚するかと思います。

そんな若い頃より疲れやすくなったという方は
細胞内のミトコンドリアの質が落ちていたり
数が減少していることが原因です。



Sponsored Links









ミトコンドリアが不足すると
疲れやすくなるだけでなく
糖尿病やがん、認知症など様々な病気になりやすくなります。

8月26日の「ためしてガッテン」では
体を元気にするエンジン役とも言えるミトコンドリアの数を増やして
活性化させる方法を紹介。
日々の健康維持に活かせる内容の番組動画になっています。


ミトコンドリアとは

ミトコンドリアは、私たちの体の細胞内にある小器官です。
1つの細胞に数個~数千個のミトコンドリアがあり
酸素と栄養素をエネルギー源とし細胞を活性化させるために
ATP(アデノシン三リン酸)を作り出しています。
ミトコンドリアの働きにより、傷ついた細胞を修復したり
新しい細胞を作り出したしています。

しかし、ミトコンドリアの数は年齢とともに減少してしまう・・・
また、生活習慣の乱れからミトコンドリアの質が落ちてしまう場合もあります。

ミトコンドリア不足は、細胞の衰えにつながるので
ミトコンドリアの働きは老化と密接に関係しているのです。



Sponsored Links









ミトコンドリアと代謝の関係

8月26日放送の「ためしてガッテン」では
ミトコンドリアの働きと老化について紹介。

若い頃より「疲れやすくなった」「太りやすくなった」「頑張りがきかなくなった」などは
ミトコンドリア不足により代謝の低下が原因と考えられる。

一般的には加齢により、代謝が低下したと思われがちですが
ほとんどが加齢のせいよりミトコンドリア不足が関係していると考えられます。

なぜなら、ミトコンドリア数は年齢に関係なく
増やすことが可能だからです。

元気の源ともいえる細胞内のミトコンドリアは
40代前半から減少し、機能の質も衰えきます。

ミトコンドリア不足によってエネルギーがうまく作れずに
疲れやすい体質になります。
また、余った栄養素は中性脂肪として溜め込まれていきます。
代謝が低下した結果、太りやすい体質になるのです。
それに加えて、めまい、動悸、集中力の低下、うつ病、貧血、肌荒れなど
様々な体調不良を引き起こします。



ためしてガッテン-ミトコンドリアを増やす方法-8月26日-画像

ミトコンドリアを増やす方法

●有酸素運動

体内のミトコンドリアの数は器官によって異なります。
最も多いのは筋肉で特に持久力が必要な「赤筋」に多く含まれています。

効果的にミトコンドリアを増やすためには
ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が良いとされています。
また、ヨガや太極拳などの運動も赤筋を使うのでおすすめです。

8月26日の「ためしてガッテン」では
ゲスト出演者がスタジオをウォーキングする場面もあります。

 
●腹八分目

満腹の状態は、ミトコンドリアが細胞を活性化させる働きを
サボりがちになってしまいます。
そのためミトコンドリアの機能を弱めてしまう・・・

適度な空腹感は、ミトコンドリアの量を増やし
細胞を活性化する機能もアップします。

最近、ミトコンドリアを活性化させる成分として
注目されているが「PPQ(ピロロキノリンキノン)」です。

≪PPQを多く含む食べ物・飲み物≫

納豆
豆腐
緑茶
ブルーベリー
ラズベリー

 
●姿勢を正す

ミトコンドリアは、背筋や太ももの筋肉に多く存在します。
背筋をピンッと伸ばして姿勢を正すことで
ミトコンドリアの数を増やすことができます。

立っていると時はもちろんですが
座ってデスクワークをしている時など
気付いた時に姿勢を正すことで効果が期待できます。

ためしてガッテン ミトコンドリアを増やす方法 8月26日

ためしてガッテンHP



Sponsored Links









関連する記事