ゲンキの時間 1月10日 8時間ダイエット

1月10日の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
正月太りを劇的改善!肥満外来の専門医が教える
8時間ダイエットのやり方を紹介。



Sponsored Links









食事制限無し!?特別な運動無し!?
夢のようなダイエット法「8時間ダイエット」を
1月10日「ゲンキの時間」の番組動画では
男女3人の方に1週間試してもらい
その効果のほどをチェックします。

年末年始のダラダラした生活がたたって
体重が増えてしまった・・・
私も部屋でゴロゴロの生活で
お腹周りがポッコリ・・・なんとかしたい。
実は、ついてしまった脂肪は
付き始めが最も落としやすい。
こんな時期だからこそ、8時間ダイエットを実践してみたいものです。



Sponsored Links


8時間ダイエットのやり方

8時間ダイエットとは、1日のうちで
8時間だけ食事をとって
それ以外の16時間は食事をせずに水分補給のみ行うというダイエット法です。

8時間以内であれば、何を食べても良いダイエット法ですが
必要以上に食べ過ぎてしまうことはNG
また、水分補給にはお茶や水などカロリーを抑えたものを
飲むようにしてください。

8時間以内に食事をすませるということなので
朝食か夕食のどちらかをとらないことになるか
食べる時間帯をずらすことになります。
8時間ダイエットを試すほとんどの人は
生活習慣から考えて朝食を抜く人が多いようです。


8時間ダイエットの効果

1月10日放送の「ゲンキの時間」では
8時間ダイエットの効果について名医が解説。

8時間ダイエットは、限られた時間の中で食事をとるため
摂取カロリーを抑えることができだけでなく
残りの16時間で消化器官を休ませることもできるので
胃腸の働きをよくする効果も期待できます。

そのため、消化・排泄器官の正常な働きを保つことで
便秘解消に役立ちます。

胃腸の働きは、副交感神経が優位に働く
夜0時から活発になります。
消化吸収は、かなりの体力をつかうため
夜遅くに食事をとると次の朝に体がだるくなります。

8時間ダイエットを習慣にすると
朝スッキリと目覚めることができ
体のだるさも軽減する効果が期待できます。

つまり8時間ダイエット法は
健康法としても良いと言えます。



ゲンキの時間-1月10日-8時間ダイエット-画像

8時間ダイエットを行う注意点

1月10日の「ゲンキの時間」では
効率良く8時間ダイエットを行うポイントについて紹介。

食事の時間を8時間にするからといって
毎日、不規則な時間に食事をとるのはNGです。
食事の時刻は、毎日同じくらいの時間で
生活のリズムを整えましょう。

8時間ダイエットは、胃腸を休める時間をつくることで
体がもつ本来の消化・排出機能を取り戻すことで
効率よく痩せるためのダイエット法です。
生活習慣の乱れは禁物です。

また、8時間ダイエットは8時間以内なら何を食べても良いといっても
食べ放題のお店で暴飲暴食するなど
必要以上にカロリーを摂取することは
ダイエット効果が得られません。

その他にも、食事はバランスよく
肉類ばかりでなく野菜、食物繊維をしっかり摂取することも重要です。


8時間ダイエットの水分補給

食事が許される8時間以外の時間帯でも
積極的に水分補給すると
代謝が高まり、排泄もスムーズになります。

ただし、飲み物は砂糖入りのコーヒーや
清涼飲料水など、カロリー高めの飲み物は控えるようにしましょう。

8時間ダイエットは朝食を抜く人が多いですが
朝食のかわりに水分補給をすると
朝起きて働き始めた腸機能をサポートする効果が期待できます。

ダイエット茶はこちらです。
毎日の飲み物を「メタボメ茶」に置き換える!!

1月10日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
年末年始のゴロゴロ生活で増えてしまった体重を何とかしたい!
名医が教える8時間ダイエットのやり方を大公開!

ゲンキの時間 1月10日 8時間ダイエット

健康カプセル!ゲンキの時間HP



Sponsored Links









過去に放送された「ゲンキの時間」の記事はこちらをご覧ください。

ゲンキの時間 1月3日 わさび 八丁味噌

ゲンキの時間 12月20日 肝臓

ゲンキの時間 12月13日 水素水 抗酸化作用

ゲンキの時間 12月6日 胃もたれ 胸焼け

ゲンキの時間 11月29日 筋膜リリース 肩コリ 腰ハリ



Sponsored Links





関連する記事