ほうれい線を消すには内側からのマッサージ!ほうれい線の原因と対策を紹介!

最近、ほうれい線が気になりだしてきた・・・

片方の口元にだけほうれい線がでているのは、顔が片方に歪んでいることが原因かもしれません。

ほうれい線がまだ薄いうちに、なんとか消すことはできないだろうか?

今回の記事では、ほうれい線の原因と対策について紹介します。



Sponsored Links









ほうれい線の原因

ほうれい線ができる原因は、加齢による皮膚のたるみや紫外線、乾燥など様々なことが考えられます。

ほうれい線を作らないために、もしくは、できてしまったほうれい線を悪化させないためにも、原因となることを避けた生活に改善する必要があります。

 

表情筋の衰え

ほうれい線ができる原因で最も多いことは、笑ったりする時に使う顔の筋肉「表情筋」の衰えです。

加齢に伴い顔のたるみがでている原因も表情筋の衰えによるものです。

表情筋は、笑う時に使う筋肉だからといって、ほうれい線を消すためには、笑えばよいというわけではありません。

むしろ笑いジワが増えることになります。

つまり、表情筋を鍛えるためには、笑いジワを予防するような対策を行う必要があります。



ほうれい線-消す-マッサージ-原因-対策-口元画像

乾燥

年齢を重ねると、お肌の水分量は減っていきます。

乾燥した皮膚はハリを失いたるみを生じます。

このように生じたお肌のたるみが、ほうれい線の原因になります。

 

紫外線

紫外線によってダメージを受けた皮膚は、光老化が進み、ハリを失って、お肌のだるみが生じます。

また、紫外線を浴びることで、皮膚が乾燥して、お肌の弾力を失い、ほうれい線の原因になります。



Sponsored Links


上唇挙筋の凝り

上唇挙筋は、目の筋肉と口の筋肉を繋いでいる筋肉です。

この部分が凝り固まることが、ほうれい線の原因になります。

上唇挙筋の凝りは、目の疲労によって起こることが多い。

長時間のスマホやパソコン作業などで、目の周りの筋肉が緊張すると、目の筋肉と口の筋肉を繋ぐ上唇挙筋に凝りが生じます。

筋肉の凝りは、血行不良を起こして、皮膚の老化を進行させます。

お肌の老化によりハリを失うと、ほうれい線の原因になります。

 

顔のむくみ

睡眠不足や過度なアルコール摂取などが原因で老廃物が溜まると顔がむくみます。

その重みでお肌がたるむと、ほうれい線ができやすくなってしまいます。

スマホやパソコン作業をしていると、前傾姿勢になりがちです。

この猫背の姿勢が原因で顔のむくみが生じ、その結果、ほうれい線ができやすくなります。


ほうれい線対策!舌回しマッサージ法

ほうれい線を消すために行うマッサージ法はいろいろが方法がありますが、実際に私がやってみて効果を実感した方法を紹介します。

ただし、ほうれい線の原因は、すでに述べたように、いろいろなことが考えれられます。

ですから、紹介する対策法を行えば、誰でもほうれい線を消すことができるわけではありません。



ほうれい線-消す-マッサージ-原因-対策-画像

舌回しマッサージ法のやり方

①口を閉じる

②舌を歯と唇の間にもっていく

③そのまま舌を歯の表面に沿って、右回りに20回まわす

④左回りに20回まわす

以上を1セットとして、朝と夜の1日2セット行います。

 
舌を使って口周りの筋肉を内側からマッサージするように回すのがポイントです。

口周りの筋肉がほぐされて血行が良くなることで、顔のむくみが改善していきます。

その結果、ほうれい線にも効果的です。

また、この舌の運動で顎舌骨筋を鍛える効果もあります。

顎舌骨筋を鍛えることは、二重あごの予防に効果的です。

顔のむくみが原因で口周りにできたほうれい線は、舌回しマッサージ法がおすすめです。

ただし、毎日継続して行わないと再び顔がむくんで、ほうれい線があらわれる可能性があります。

 
ハリとツヤなどが気になる方に、炭酸ジェルパックはこちらです。
フェヴリナ【炭酸ジェルパック】

ほうれい線を消すには内側からのマッサージ!ほうれい線の原因と対策を紹介!



Sponsored Links









おすすめの記事

口の中のできものが痛いor痛くない!(白い・赤い・透明・黒い・上顎)口内炎は何科を受診?

ブロッコリースプラウトを栽培してみた!育て方・栄養・効果・食べ方を紹介!

微熱が続く病気は?(女性・だるい・咳・頭痛・下痢)原因となる風邪に似た病気とは?

太らない体質の特徴はホルモンバランス!?痩せるホルモン「GLP-1」を増やす食材とは?

食べてないのに太る原因は?(病気・生理前・ストレス・夏・冬)そんなに食べてないのに太る理由は遺伝子!?



Sponsored Links





関連する記事