子供に多い水いぼはうつる?水いぼの時はプールは入れる?

子供に多く発症すると言われるウイルス性の皮膚病「水いぼ」。

夏の時期はプールでうつるのではないかと、心配になることもあると思います。

今回の記事では、水いぼとはどんな病気なのか?感染や治療法など紹介します。



Sponsored Links









水いぼとは

水いぼの正式名称は「伝染性軟属腫」と言います。

子供の時期によくみられる中に水が入ったようにみえる湿疹のことです。

体のどの部分にもできる湿疹で人から人へ感染する恐れがあるので、夏のプールなどで少し注意が必要です。

水いぼの原因は、ポックスウイルス科の伝染性軟属腫ウイルスが皮膚に感染して発生します。

ウイルスが皮膚についてすぐに水いぼになるわけではありません。

皮膚についたウイルスは、皮膚の表面よりも深いところになる真皮という部分の細胞に入り込み感染します。

ウイルス感染した細胞は、膨らみながら細胞分裂を繰り返して増えていきます。

膨らんだ細胞の部分が皮膚の表面から見て、水が入っているような水いぼになります。

実際には水は入っているわけではない。



子供-水いぼ-うつる-プール-湿疹画像

水いぼの症状は、皮膚に1~5mmほど突起物があらわれ、ほとんどの場合は痛みやかゆみなどの自覚症状がない場合が多いのですが、水いぼを引っ掻いたりすることで炎症が起こるとかゆみを伴うこともあります。

水いぼは、子供の時期によくみられる皮膚病で、体のどこの部分でも発症する可能性がありますが、顔や手、足にあらわれることが多い。


アトピー性皮膚炎があると水いぼになりやすい

水いぼは、発症の原因であるポックスウイルス科の伝染性軟属腫ウイルスが、皮膚の表面から内部に侵入することで起こります。

そのため、アトピー性皮膚炎や乾燥肌で皮膚の抵抗力が低いと、水いぼが発症しやすく、治りにくいという傾向があります。



Sponsored Links


水いぼはプールでうつる?

水いぼは、子供に多く発症するということで夏になるとプールで感染するのではないか?と心配になることも少なくありません。

水いぼがプールの水の中で感染するかというと、その確率は非常に低いと言えます。

プールの水は塩素殺菌されているので、通常の塩素濃度であれば、ウイルスがうつることはほとんどありません。

むしろ、うつる可能性があるのは、プールの水の中ではなく、更衣室やプールサイドでの感染者との接触や感染者が使用したタオルやビート板を共用することで二次感染する可能性はあります。

ただし、水いぼの原因であるポックスウイルスは、それほど伝染力が強いものではありません。

一般的には、学校でもビート板やタオルの共用は避けるように指導していますが、水いぼが発症している場合でもプールに入ることを禁止していないことがほとんどです。

水いぼの感染は、感染者の患部が、何らかの方法で接触することでうつります。

患部を引っ掻いた手が触れたり、感染者が使用したタオルを共用することでうつる可能性があります。

水いぼが発症している人は、二次感染をしないように配慮する必要があります。




子供-水いぼ-うつる-プール-画像

水いぼの治療法

水いぼは、感染してから2~7週間ほどの潜伏期間を経て湿疹になってあらわれます。

感染者の95%は1年以内に自然治癒と言われ、1度、水いぼが発症して完治した後は、免疫ができるので、再発することはほとんどありません。

そのため必ずしも病院で治療が必要なわけではありません。

ただし、人への感染が心配な場合や、水いぼが広範囲に広がってしまった場合や、見た目が気になる場合などは病院で治療を行います。

水いぼの治療法は、ウイルス感染している皮膚の細胞を取り除く方法で治療が行われます。

その治療法は、刺抜き用ピンセットで除去したり、液体窒素で患部を凍結したり、電気の熱によって水いぼを焼くなどの治療法が行われます。

水いぼが気になる方は、皮膚科か小児科を受診してください。

子供に多い水いぼはうつる?水いぼの時はプールは入れる?



Sponsored Links









おすすめの記事

首のイボの原因と治療法!イボを自分で取るのがNGな理由とは?

手足の指の間がかゆい!(湿疹・水ぶくれ・皮がむける・ぶつぶつ)水虫は指の間が狭い人がなりやすい!?

口の中のできものが痛いor痛くない!(白い・赤い・透明・黒い・上顎)口内炎は何科を受診?

金属アレルギーが銀歯で起こる症状とは?(湿疹・肌荒れ・水泡・口内炎)手のひらや足の裏に症状が出やすい!

帯状疱疹の初期症状は?(痛み・かゆみ・水ぶくれ・頭痛・熱)出やすい場所は顔や背中やお腹!



Sponsored Links





関連する記事