バナナの栄養の効能は?ダイエットには夜と朝どっちが良い?黒バナナの美容・健康効果を紹介!

バナナには、美容・健康に役立つ栄養素が豊富に含まれています。

特に、熟成して黒い斑点ができた黒バナナは、栄養成分がパワーアップしているので、健康維持やダイエットなどに最適と言えます。

今回の記事では、バナナに含まれる栄養の効能/効果について紹介します。



Sponsored Links









バナナに含まれる主な栄養素(100gあたり)

タンパク質・・・1.1g
カリウム・・・360㎎
マグネシウム・・・32㎎
ビタミンB1・・・0.05㎎
ビタミンB2・・・0.04㎎
ビタミンB6・・・0.38㎎
ナイアシン・・・0.7㎎
葉酸・・・26μg
食物繊維・・・1.1g
ポリフェノール・・・1.1g
セロトニン(トリプトファン)・・・10㎎

バナナ100g(約1本分)のエネルギーは86カロリーです。

これは、ご飯2分の1杯分または6枚切り食パン2分の1枚分に相当します。

栄養が豊富に含まれているバナナは、高カロリーと思われがちですが、実は、ご飯やパンに比べて低カロリーと言えます。



バナナ-栄養-効能-ダイエット-夜-朝-黒バナナ-美容-効果-画像

バナナでダイエットをサポート

バナナに含まる栄養素のカリウムは、利尿作用を促し体のむくみを解消する効果があります。

また、バナナには食物繊維が豊富に含まれていて、腸内環境を整えて便秘解消に役立ちます。

食物繊維は悪玉コレステロールを抑制する効能もあるので、体の巡りをさらによくしていきます。

バナナには、ビタミンB2という脂質の燃焼代謝を助ける栄養素も含まれています。

バナナを朝食べるダイエット方法もありますが、実は、夜にバナナを食べるのもダイエットに効果的です。

睡眠中に脂肪燃焼してくれたり、腸内環境が整うことで朝すっきりと便秘解消してくれたりと効果的なのです。

夜バナナダイエット方法は、夕食をバナナに置き換えるダイエット方法です。

バナナは、ご飯やパンに比べて低カロリーでありながら、満腹感が得られるのでダイエットに最適と言えます。

また、ダイエット中に不足しがちなビタミンやミネラルも豊富に含まれています。



Sponsored Links


バナナは熟成すると栄養成分がパワーアップ!

バナナには、ビタミンやミネラル、食物繊維など、健康・美容に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

まだ新しい黄色いバナナと、熟して黒い斑点がでた黒バナナでは栄養素が異なります。

実は、黒バナナにしてから食べると、いろいろな栄養素が効果的に摂れるようになります。

バナナは成熟すると黄色い皮の表面に、シュガースポットと呼ばれ黒い斑点があらわれます。

この黒い斑点が多いほど栄養成分がパワーアップするのです。


黒バナナにすると酵素が増加!

黒バナナにすると酵素の量が増加するという特徴があります。

バナナに含まれる酵素の量は、黒い斑点の量と比例します。

酵素は加熱に弱いので、60℃以上の熱を加えると効果を失ってしまいますが、黒バナナは生で食べるため効能を失わずに摂取できます。

では、酵素を摂取するとなぜ体に良いのか?

人は食事で摂った栄養素を体の中でエネルギーにしたり、新しい細胞を作るなど代謝を行って生きています。

その代謝に必要なものが酵素なのです。

つまり、酵素というのは生命力そのものと言っても過言ではない。

酵素は睡眠中に体の中の細胞でも作られているのですが、加齢とともに酵素の生産量は減少してしまいます。

酵素の生産量は20代でピークをむかえ40代で急激に減少します。

たとえば、年を重ねていくと疲れやすくなるのは、体内の酵素量が減っていることは原因の1つです。

この場合は、食べ物で酵素を補う必要があります。

酵素を補給するには黒バナナが最適と言えます。

さらに、黒バナナになると抗酸化物質の含有量も大幅に増加します。

抗酸化物質には、老化の原因となる活性酸素を抑制する効能があります。



バナナ-栄養-効能-ダイエット-夜-朝-美容-効果-黒バナナ-画像

黒バナナは肥満に影響するショ糖が少ない

バナナは熟すと甘くなるのですが、黒バナナになればなるほど体に悪い糖分が減っていくという特徴があります。

バナナに含まれる栄養素には、ブドウ糖や果糖の他に肥満に影響するショ糖などがあります。

黄色いバナナの場合は、ブドウ糖と果糖で6割、ショ糖が4割の割合で含まれていますが、黒バナナになるとブドウ糖と果糖が9割に増加して、肥満に影響するショ糖が1割に減少します。

それに加えて黒バナナになるとオリゴ糖は10倍に増加します。

オリゴ糖は、体に吸収されにくい糖分なので太りにくいと言えます。

また、腸内の善玉菌のエネルギー源となるので、腸内環境を整える効能も期待できます。


黒バナナの作り方

 
<黒バナナの保存は常温>

バナナの熟成に適した温度は15~20℃、寒い時期は温かい場所に置くと熟成がすすみやすくなります。

 
<置き方>

バナナの重みから接地している部分から傷みやすい。

バナナのカーブの外側を上にして、接地面積を少なくすると傷みづらくなります。

 
<ポリ袋で熟成促進>

バナナの根元の部分から出るエチレンガスが熟成を促進します。

バナナをポリ袋に入れて密封すると中にガスが充満して早く熟成します。

黒バナナは、黒い斑点が5割になったら食べごろです。

バナナの栄養の効能は?ダイエットには夜と朝どっちが良い?黒バナナの美容・健康効果を紹介!



Sponsored Links









おすすめの記事

トマトの栄養の効能/効果は?生と加熱でリコピン吸収率の違いとは?

キウイの栄養の効果・効能は?キウイは皮ごと食べるのがベスト!?

はちみつの効果/効能は?(寝る前・ヨーグルト・髪・喉)おすすめはシナモンはちみつ!

麦茶の効能・効果がスゴイ!美味しい麦茶の作り方を紹介!

ブロッコリースプラウトを栽培してみた!育て方・栄養・効果・食べ方を紹介!



Sponsored Links





関連する記事