首のしこり!(痛くない・痛い・熱)消えない首のしこりは何科を受診?原因となる病気とは?

首のしこりといってもその原因となる病気は様々です。

皮下組織に脂肪が溜まっているものや、リンパ節が腫れているもの、または、耳下腺(唾液腺の1つ)が腫れているものなど、良性の場合もあれば、悪性の場合もある・・・

耳の下のあたりにあるリンパ節にしこりができたり、消えたり・・・

指で押しても痛くない小さな首のしこり・・・

そんな時、何科を受診したら良いのか?

悪性の場合はどんな病気が潜んでいるのか?

今回の記事では、なかなか消えない首のしこりの原因となる病気について紹介します。

Sponsored Links

急性リンパ節炎

急性リンパ節炎は、細菌やウイルス感染により、リンパ節が腫れている状態です。

リンパ節は、首や脇、鼠径部など全身の様々な場所にありますが、特に急性リンパ節炎は、首の付根にあるリンパ節に発症することが多くみられます。

 
●症状

首にしこりができる。
首のしこりを押すと痛い。
悪化すると発熱がある。
首のしこりが化膿に至る場合もある。

Sponsored Links

●原因

急性リンパ節炎の主な原因は細菌やウィルス感染です。

リンパ節には、古い細胞や老廃物など組織液をろ過する役目を担う「リンパ液」と、細菌やウイルスに対抗するための抗体を生成する役目のなる「リンパ球」があります。

リンパ球が病原菌を排除するために活発に働いているために、炎症や腫れが生じて、なかなか消えない首のしこりや痛みが発症しています。

 
●治療

急性リンパ節炎の治療法は、病原菌に有効な抗生物質の注射や服用を行います。

症状が悪化している場合は、リンパ節を切開して膿を排除する場合もあります。

首のしこりには、悪性リンパ腫の場合もあり、専門医による治療が必要となります。

首のしこり-痛くない-痛い-熱-消えない-何科-原因-病気-甲状腺-画像

悪性リンパ腫

悪性リンパ腫は、リンパ節に存在するリンパ球が、がんに変異する病気です。

リンパ球は全身を巡っているものなので、リンパ節の腫れ・しこり以外でも全身に様々な症状が現れます。

 
●症状

わきの下・股の付け根・首などリンパ節のある場所にしこりができる。

悪性リンパ腫の腫れやしこりは、痛くないことが特徴ですが、腫れが急激に大きくなることによって、痛みや発熱を伴う場合があります。

がんに変異したリンパ球が全身を巡るため、全身のだるさや体重の減少、寝汗、かゆみなどが生じる。

 
●治療

悪性リンパ腫は全身を巡っているリンパ球が、がんに変異する病気ですなので、切除等の外科手術を行わないことが一般的で、放射線療法や化学療法による治療が行われます。

ただし、例外があって、特定部位の症状を緩和させるために、部分的に手術を行うケースもあります。

甲状腺腫瘍

甲状腺腫瘍は、のどぼとけを下から包み込むように存在する甲状腺に腫瘍ができる病気です。

良性のものと悪性のものがあり、多くは触診とエコーで判断がつきますが、最終的に良性か悪性の判断は、手術でとってみて組織検査を行って確定診断となります。

Sponsored Links

●症状

喉元に腫れ・しこりが現れる以外には自覚症状がほとんどありません。

自分で首のしこりに気付く他に、風邪をひいた時や健康診断などで医師に診てもらった時に偶然に見付かることもあるようです。

甲状腺髄様がんの一部を除いて、甲状腺にしこりができる原因はまだわかっていません。

 
●治療

甲状腺腫瘍を薬で治す方法はありません。

良性で、とくに甲状腺腫が気にならなければ、そのまま経過を見る場合もあります。

悪性の場合は手術や抗がん薬、放射線治療などが行われます。

耳下腺腫瘍

耳下腺腫瘍は、左右の耳の前方に位置する耳下腺になかなか消えない腫れやしこりができる病気です。

耳下腺とは、唾液を作る臓器の1つです。

耳下腺に発症する腫瘍の約8割は良性のものと言われています。

 
●症状

良性の首のしこりの場合は、自覚症状がほとんどなく痛くない。

悪性の首のしこりの場合は、腫れが大きくなるスピードが速く、しこりが痛い・顔面神経麻痺などの症状が現れます。

耳下腺腫瘍になる原因は医学的に解明されていません。

 
●治療

治療は手術による摘出を第一とします。

ただし、顔面神経が耳下腺のなかを通っているので、万が一、手術がうまくいかずに神経を切除することがあると、顔面神経麻痺の後遺症がでる場合もあります。

首のしこり-痛くない-熱-消えない-何科-原因-病気-痛い-画像

脂肪腫

脂肪腫は、脂肪細胞からできた良性腫瘍です。

首や肩、背中などにできやすい脂肪のかたまりです。

 
●症状

皮膚と筋肉の間の皮下組織にできた痛くないしこりです。

痛いと感じたり運動障害がなどの原因になることはほとんどありません。

 
●治療

しこり・腫れが小さい場合や患部が痛くない場合は、そのまま経過をみることが大半です。

大きな首のしこりなど、見た目が気になる場合は手術で取り除きます。

首にしこりができたら何科を受診すれば良いか?

なかなか消えない首のしこり・腫れといっても、その原因となる病気は様々です。

そのため、受診する専門もいろいろです。

たとえば、リンパの腫れが原因の場合は耳鼻咽喉科で脂肪腫は皮膚科、甲状腺腫瘍は外科などです。

そして、首のしこりが原因となる病気を自己判断できません。

そのため、様々な専門医が集まる総合病院で診てもらうことが望ましいと言えます。

首にできた腫れが痛い場合や発熱を伴う場合は、早急に病院を受診することをお勧めします。

たとえ首のしこりが痛くない状態でも悪性のものでないか専門医に診てもらうようにしましょう。

 
不眠や憂鬱などのメンタルケアに、セロトニン対策サプリメントはこちらです。
休息・ココロサプリ専門店♪ドキドキ・イライラi・休息不足に悩む方のためのセロトニンサプリ!リラクミンクリア

首のしこり!(痛くない・痛い・熱)消えない首のしこりは何科を受診?原因となる病気とは?

Sponsored Links

おすすめの記事

微熱が続く病気は?(女性・だるい・咳・頭痛・下痢)原因となる風邪に似た病気とは?

太らない体質の特徴はホルモンバランス!?痩せるホルモン「GLP-1」を増やす食材とは?

更年期の過ごし方!40代・50代女性の更年期の症状にはエクオール!

中性脂肪が高い原因?動脈硬化を引き起こす「隠れ中性脂肪」とは?

脂肪肝とは?原因は食事!初期症状がほとんどないため肝臓数値で確認!

Sponsored Links

関連する記事