毛細血管を増やす食べ物!(ヒハツ&シナモン)ゴースト血管の改善方法を紹介!

毛細血管が弱まるとシミやシワの原因になったり、冷えを引き起こして病気リスクを高めてしまったり、美容・健康に悪影響を及ぼします。

今回の記事では、無くなってしまった毛細血管を増やす方法として、ゴースト血管を改善する食べ物やゴースト血管を引き起こす原因などを紹介します。

Sponsored Links

ゴースト血管とは

毛細血管の老化により血液が流れていない血管のことをゴースト化した血管「ゴースト血管」と言います。

血液の流れが悪くなった状態が長期的に続くと、毛細血管が無くなることがあります。

毛細血管が無くなると、その部分に十分な酸素や栄養が届かなくなり、老廃物がしっかり排出されずに溜まってしまうのです。

毛細血管が無くなるゴースト血管は、誰でも起こりうる症状で、体に不調がある方は、毛細血管の数が減ってしまうことがあります。

Sponsored Links

不定愁訴のある方は、知らず知らずのうちに、毛細血管が減っている場合が多い。

女性も本来ある程度の若さがあると、女性ホルモンのおかげで血流が保たれて、毛細血管の健康が維持できるのですが、近年、女性の社会進出により仕事のストレスや疲れ、不摂生など、様々なリスクがあるので20代・30代の女性でもゴースト血管になる可能性はあります。

毛細血管-増やす-食べ物-ヒハツ-シナモン-ゴースト血管-改善-方法-画像

ゴースト血管チャックリスト

□ 最近、白髪が増えてきた。
□ 目の下のクマが気になる。
□ 以前より目が疲れやすくなった。
□ 十分に睡眠をとっても疲れが残る。
□ 手足のむくみが気になる。

この5項目のチェックリストで、1つでも当てはまるとゴースト血管の可能性があります。

当てはまる項目が多いほど血管のゴースト化が悪化していると考えられます。

毛細血管は内臓にもたくさん存在するので、たとえば、腎臓や肝臓の毛細血管がゴースト化すると、解毒機能がスムーズに行われなくなり、疲れが抜けにくい体になってしまいます。

その他にも目で見てわかるゴースト血管のチェック方法は、足のくるぶしの下を見るやり方です。

この部分は皮膚が薄いため血管の状態が分かりやすい。

毛細血管が正常な人は、太くて青い血管が並んで見えます。

毛細血管がゴースト化している人は、青い血管のまわりに赤紫の細い血管が浮き上がっています。

この赤紫の細かい血管は、毛細血管そのものではなく、血流が悪くなったことで未完成のままになってしまった血管で、毛細血管がゴースト化している人に多く見られる症状です。

手足の血流をチェックする方法は、手足の指の腹を押して離した時に、肌が白っぽくなった部分がすぐに赤く戻れば、血液の循環が良いと言えます。

赤くなるまでに時間がかかる場合は、血行不良の可能性があります。

Sponsored Links

ゴースト血管と病気のリスクの関係

ゴースト血管は、老化や病気に影響を及ぼします。

手足の毛細血管のゴースト化・・・冷え性の原因
顔の毛細血管のゴースト化・・・シミやシワの原因
首や肩の毛細血管のゴースト化・・・首こりや肩こりの原因
頭皮の毛細血管のゴースト化・・・薄毛や白髪の原因
心臓の毛細血管のゴースト化・・・心筋梗塞の原因

毛細血管のゴースト化はがんの発症リスクを高めると考えられています。

がん組織の周辺は血流とリンパの流れが滞ってる状態で、その周囲では毛細血管のゴースト化が見られることが多い。

体の粘膜の血流が悪くなるとその状態を修復するために、永遠に細胞分裂を繰り返す修復細胞が、実はがん細胞です。

不規則な生活で毛細血管を頻繁にゴースト化させる生活習慣をしていると、がんを引き起こす原因にもなるのです。

毛細血管がゴースト化する原因

肺や心臓などの大切な臓器には、毛細血管がびっしりと取り囲んでいる状態で、毛細血管は大きな血管から栄養や酸素を体の隅々まで運び、必要のない老廃物を戻すという大切な役割があります。

この毛細血管がゴースト血管になる原因は主に3つあります。

 

運動不足

体をしっかりと動かすためには、毛細血管を通じて筋肉の隅々まで栄養を届ける必要があります。

しかし、体を動かさなくなると、体が栄養を届ける必要がないと判断し、毛細血管が減ってしまうことがあります。

 

肥満

たとえば、脂肪の重量が10キロ増えたとすると、その脂肪に行く毛細血管の量、血液量は相当な量になります。

心臓から血液を送り出す量が一定だとすると、余計な所に血液を流さなくてはいけなくなります。

本来、血液が行くべき所が少なくなり、毛細血管のゴースト化の原因になります。

 

暴飲暴食

食べ物を摂取すると、食べた物を消化・吸収するため、一時的に胃や腸に血液が集中します。

そのため暴飲暴食をしたり、常に間食をしている人は、慢性的に胃や腸に血流が集中してしまい、その分、末端の血流が滞ってしまうため、毛細血管がダメージを受けやすい。

毛細血管-増やす-食べ物-ヒハツ-シナモン-ゴースト血管-改善-方法-食べ過ぎ画像

毛細血管を増やす方法

血管は無くなったり、新しくできたいりするものなので、一度、ゴースト血管になっても、再び健康な毛細血管を増やすことは可能だと言われています。

ゴースト血管の改善が期待できる食べ物として、「ヒハツ」というコショウ科の食材が注目されています。

ヒハツは沖縄のソーキ蕎麦にかける調味料として知られています。

沖縄でよく知られる島コショウやロングペッパーという香辛料は、ヒハツや同属別種のヒハツモドキを原料として作られたものです。

ヒハツは、インドのアーユルヴェーダでは、体の冷えを取り長寿を促す薬として使われています。

毛細血管を増やすことが期待できると考えられています。

ヒハツを粉末状にしたものを、コショウの代わりに使って食べるのがおすすめです。

肉にヒハツをまぶして下味をつけたり、ラーメンやパスタなどの麺類にかけたり、スープにかけても美味しい。

普段、コショウを使うところをヒハツに代えるだけで良い。

ヒハツを1日に摂取する量の目安は小さじ半分(約1g)、多くても1日に小さじ1杯くらいにしておくと良いでしょう。

あまり大量に摂取するのは良くないので少量だけで十分です。

ヒハツ以外でも、毛細血管の改善に役立つ食材は、ショウガやシナモンが挙げられます。

ショウガはオーブンでちょっと乾燥させてから摂取すると効果的です。

シナモンは発汗作用があって血流改善に役立ちます。

シナモンには、毛細血管の修復や炎症を抑制する効果があります。

そのためシナモンはアンチエイジングとしても注目されています。

毛細血管を増やす食べ物!(ヒハツ&シナモン)ゴースト血管の改善方法を紹介!

Sponsored Links

おすすめの記事

赤血球が多い・少ない原因は?(女性・病気・健康診断・基準値)食事による貧血対策を紹介!

バナナの栄養の効能は?ダイエットには夜と朝どっちが良い?黒バナナの美容・健康効果を紹介!

トマトの栄養の効能/効果は?生と加熱でリコピン吸収率の違いとは?

キウイの栄養の効果・効能は?キウイは皮ごと食べるのがベスト!?

はちみつの効果/効能は?(寝る前・ヨーグルト・髪・喉)おすすめはシナモンはちみつ!

Sponsored Links

関連する記事